今年のトレード計画について

2021/03/28

こんにちは、石田です。

さて、トレードコーチングのクライアントさんから年初に多い相談は「今年のトレード計画について」なのですが、、、

多くの方は「まったく意味のない計画」を立てる傾向にありますので、今このコラムをご覧の皆様がそうならないようこのタイミングでお話ししておきましょう。

まず、大前提として「マーケットはどこまで行っても不確実で、こちらが一切の影響を与えることはできない存在である」この部分を正しく(深く)理解する必要があります。

多くのトレーダーはこの原理・原則を「表面上しか理解できていない(理解しているつもりではいる)」ため、トレードの計画。という話になると「儲けの目標金額(現金ベース)的な計画を立てがち」になります。

そもそも、自分が「買いポジションを持っているから」と言ってPCの画面に映し出されたチャートに向かって「上がれ!上がれ!」と旗を振って応援しても上がるはずもなく・・・。

持合い場面が長く続いているから「早くトレンドついてくれ!!」と、どんなに願ったとしてもトレンドが発生するはずもなく。。。

そのような「一切のコントロールが効かない存在」に対して「自分は毎月〇〇万円の利益が欲しい!(必要!)」という「物理的に計画通りに行くはずもないことを計画すること自体がナンセンス」ということです。

多くの方が勘違いしているのですが、マーケットでガッツリ稼いでいる本物のトレーダーは自分の儲けたい目標金額を立て、それをもとに行動&実行しているのではなく、、、

「自分の『利益を生み出す戦略』をただひたすら可能な限り(貪欲に)繰り返してその結果、繰り返すことができた分だけ利益が積みあがっている」

ただそれだけなのです。

この違いを正しく理解しなければ目標金額を達成するために、「思い通りにならないマーケットを無理やりどうにかしようとしてルールを破る」事につながったり、コントロールが効かない(トレンドが発生するorしない)のに何とか月末までに稼ごう!という、こちら都合の勝手な区切りで期限を設定し、「リスクを負えない大きさのポジションで1発勝負する」ことになります。

その結果がどうなるかは明白ですよね。

なので、現時点でトレードで思うような結果を残す事が出来ていないトレーダーが立てなければいけない年初のトレード計画とは「目標金額ではなく、繰り返し利益を生み出すことができるトレード戦略(手法)をしっかりとマスターするための計画」だということです。

間違えないでくださいね、この目標さえ達成してしまえば、トレードでの利益は勝手についてくるのです。

 

それではまた!

 

石田信一

 

PS.YouTubeチャンネル「投資家 石田信一」にて株式投資に役立つ情報を配信中です。

目標設定に関して話していますので年初に立てたトレード計画の見直しのためにもご覧ください。

↓↓↓

【計画術】確実に目標達成するための計画の立て方

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ