損失を取り戻すためのさらなるエントリー

2021/03/08

こんにちは、石田です。

今日は「マーケットにトレンドがしっかりついていないのについつい立て続けにエントリーしてしまって損失を拡大してしまっている人」に重要なお話をしたいと思います。

このような状況がもたらされるにはある展開が必ずと言ってよいほどセットになっているのですが、それは「直近で何度かロスカットになっている」という状態です。

つまり、「何度かロスカットになって、『その損失を取り戻すため』に『まだトレンドが付いていることが確認できてもいないのに』立て続けにエントリーしてしまっている」ということです。

「そうそう!その通り・・・。^^;」と感じた方、特に、、、

「自分でもやっちゃいけない事はうすうす気づいている」と感じている方は必ず引き続き読み進めてください。

ちなみにそのステージは通り過ぎている方にとっては当たり前の話になってしまうので、今日のコラムは読まなくても大丈夫です。

まず、結論からお話ししますとその損失は「物理的に取り戻すことはできないので、無駄なことはやめてください。」となります。

やればやるほど、「ただ単に損失が増えるだけ」です。

一生懸命立て続けにエントリーしている方にとってはとてもショックだとは思いますが、残念ながらこれは事実です。

もちろんこれは「トレンドフォローのトレードスタイル」ということが前提の話です。

例えばマーケットが長期的に持ち合いを継続している場面だとしましょう。

その持ち合いレンジから少し抜け出すような様子が見てとれたので、「いい加減にトレンドが発生するだろう」と決めつけてレンジから抜け出したところでエントリーし、急反転してロスカット、それを何度か繰り返してしまい、損失が蓄積してしまいました。

マーケットは依然として持ち合ったままです。

でも、その損失を取り戻すためのさらなるエントリー・・・・。

よく考えてみてください。

トレンドフォローとは文字通り、トレンドに乗ることで「仮にそれまでに何度かロスカットした分の損失があったとしても、その分を取り戻し、トータルで収益がプラスになることを望んでやっている」わけです。

そもそもトレンドが発生していない状態では、この仕組みそのものが正しく機能しないということを意識してください。

トレンドフォロアーなら何かしらの有効に機能する環境認識判断に基づき、「トレンドが発生するまでじっと待たなければならない」のです。

また、私たちが普段生活している環境下では、よほどのことがない限り行動を起こした分に対して対価が支払われます。

5時間アルバイトをすればどんなにダラダラ働いても5時間分の時給は支払われるのです。

しかし、マーケットの世界はそうはいきません。

あなたが5時間トレードしたからと言って「5時間分の利益がもたらされることは約束されていない」世界なのです。

どんなに頑張って旗を振って対象となるマーケットを応援したとしても「不確実なマーケットは一切のコントロールが効かない存在」ですから「頑張って応援したからと言って、持ち合っている状態から急にトレンドが付くなんてことはあり得ない」のです。

物理的にあり得ないことに対して「あり得ることを期待してさらに損失を積み上げる行為」は、「あなたの大切な『財産』と『時間』と『労力』を奪っていく」のです。

当たり前のことですが、このように面と向かってお伝えしないとなかなか腹に落ちない方が多いので、今日はあえて強めにお話しさせていただきました、すいません。

自分でもうすうす気づいていた、もう無駄なことはやめよう・・・。

そのような気付きになってもらえればうれしいです。

 

それではまた!

 

石田信一

 

PS.トレンドフォローは基本的な投資手法のひとつです。

トレンドフォローについてお話している動画がありますのでぜひご覧ください。

↓↓↓

【投資手法】投資の王道!少ない損で大きく利益をとる!

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ