あなたは、ストラテジストやアナリストのレポートを参考にされますか?

2022/05/20

 

アナリスト駆け出しの頃、私は、大手証券(特に山一證券)の調査レポートをよく読んでいました。当時(30年以上前)は当然ながらインターネットなどなかったので、関連データの在りかを探すのが一苦労でした。そのため、先人の知恵に頼るということ、また自分自身が書き手であったことから、論理構成、文章表現などを学ぶ面で非常に有効でした。
自分はこの水準にキャッチアップするのに何年かかるだろうか、など考えたりもしましたが、しかし、書かれた結論については鵜呑みにすることはありませんでした。
余談ですが、山一證券の調査レポートをよく読んだのは当時所属していた証券会社が山一と提携していたからです。私自身は特定の師匠や先生はおりませんでしたが、山一證券がある意味で師匠だったかもしれません。

さて、それから10年近く経って、外資系証券に所属している時にも偶に競合するアナリストのレポートを目にすることもありましたが、それらのアナリストの認識レベルや思考を把握し、行動を予測したり(例えば、決算発表や大きなニュースが出た際に彼らがその発表内容からどのように投資評価を変える可能性があるかとか)、自分自身のオリジナリティ構築(=差別化)のための参考にしました。

今もマーケット関係で他のストラテジストの方のレポート(コラム)を拝見しますが、(私自身も書き手であるので)見落としているポイントがないかを確認する面も若干はありますが、主目的はマーケットコンセンサス(考え方)を把握するためです。

それ以外にも自分にあまり知見がない分野や、初めての企業についてレポートや書籍を読むことはあります。しかし、投資の結論については参考にはしません。

皆さんはいかがでしょうか?
「A氏が32000円と言ってるのだからそうだよな。」
「B氏も強気だからやっぱりそうだ。」
と半ば鵜呑みにしていることはありませんか?

結果的にそれらの予測が外れて、「どうしてくれるんだ」「コノヤロー」と腹を立てたりはしていませんか?
もし、腹を立てているとしたら恐らく、あなたはあまり良い投資成果を出していないのではないかと思います。

定期的に拝読しているストラテジスト方がいらっしゃいますが、その方は当たるときもあれば、外れるときもあります。その方の意見に同意できる時もあれば、同意できない時もあります。ただ、私自身は天邪鬼なのでその方と逆方向の選択をすることも多いのですが(笑)。

人の意見を参考にするということは、あくまでも自分の考えを整理するため。決して、追従することではありません。これは新聞・TVなどメディア報道に対しても同じだと思います。

 

この記事を書いている人

藤根 靖昊(ふじね やすあき)

  • 東京理科大学 大学院総合科学 技術経営研究科修了。
  • 国内証券(調査部)、米国企業調査会社Dan&Bradstreet(Japan)を経て、スミスバーニー証券入社。化学業界を皮切りに総合商社、情報サービス、アパレル、小売など幅広いセクターを経験。スミスバーニー証券入社後は、コンピュータ・ソフトウエアのアナリストとして機関投資家から高い評価を得る(米Institutional Investorsランキングにおいて2000年に第1位)。
  • 2000年3月独立系証券リサーチ会社TIWを起業。代表を務める傍ら、レポート監修、バリュエーション手法の開発、ストラテジストとして日本株市場のレポートを執筆。
アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
5th Stage Lab「シン・日本株投資」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
短期の業績変動や株価のブレに惑わされることなく、何が本質であるかを見極められる「自律した投資家」を目指していくための気構えやスキル、実例解説などをお伝えしていきます。
本資料は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報源から入手した情報に基づいて作成しておりますが、正確性の保証は致しかねます。情報が不完全または要約されている場合もあります。本資料に記載する価格、数値等は、過去の実績値、概算値あるいは将来の予測値であり、実際とは異なる場合があります。また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本資料は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。また、本資料は将来の結果をお約束するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。本資料の情報に基づいて行われる判断について、当社は一切の責任を負いません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねます。 本資料の著作権は、原則として当社に帰属します。本資料の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ