“リアル”に対する拘り

2022/03/22

 

前回は「なぜグロース投資に集中するのか」についてお話をいたしました。今回は、「“リアル”に対する拘り」について述べたいと思います。

二つ目はできるだけ“リアル”に拘りたいと思います。このリアルは、「リアルタイム(同時性)」と「リアリティ(現実性)」です。
ちょっと余談になりますが、映画を見るのに映画館に行って観るのと、DVD(Blu-ray)などで家庭のTVで見ることとの違いって何でしょうか? 映画館の方が大きな画面で音響も良いという面もありますが、環境だけなら家庭のTVでも今ではかなりのハイレベルになっています。確かに昔ながらのしょぼい映画館は潰れていますが、映画館のスクリーン数は増加しており、入場者数は減っていません(・・・・コロナ前のデータですが)。
映画館で映画を見るということはどういうことでしょうか?これはただ見るということではなく、物理的な体験でもあるからです。環境に対する認識の違いが大きいのです。スポーツの試合を生中継で見るのと録画で見るのとでは、仮に結果を知らなかったとしても応援の熱の入れ方が変わってくるのではないでしょうか?

皆さんに情報や学習内容をお伝えするのにZoomなどの動画配信を使用しますが、できるだけリアルタイム・インタラクティブにやりたいと考えております。また、録画アーカイブに関しては、基礎的な学習など限定的なものにとどめたいと思っています。
また、取り上げる企業の実例は、大学の講義のように結果が出ているひと昔前のものではなく、現在進行形のものにしたいと思います。結果がわかっている試合の解説って(勉強にはなるかもしれませんが)面白くはないですよね。
リアルタイムの解説は、間違うことも多々あるとは思いますが、それは何故見通しを間違ったのかということも経験として共有できるのではないかと思います。

この5th Stage Lab(研究室)は助言サービスというよりも投資教育の側面が強いかもしれません。それにもかかわらず助言サービス(投資顧問 助言・代理業)という形態を選択しているのは、未知のオンゴーイングの事例を扱うからです。これは法制度上のグレーゾーンを避けるためでもあります。ご理解を願います。

お読みいただきありがとうございました。
次回は、「“アクティブ投資”は株価指数に勝てない」は本当か? についてお話しします。

 


 

あなたは自分が「何故」株式投資で勝てないのかを知っていますか?
間違えることは誰にでもありますが、「何を」「どうして」間違えたかを把握していますか?

どのようにしたら「自律した投資家」になれるのか、無料のオンラインセミナーでお伝えします。

 

【開催日程】   4月21日(木) 19時00分-20時40分

詳細は ↓ ↓

【無料ウェブセミナー】
シン・日本株投資 ~ 5th Stage Investor(自律投資家)へのアプローチ~

 

こんな方のためのセミナーです

  • アクティブ投資は楽しいと続けているが、思うような収益にはなっていない
  • これまで銘柄分析・発掘の方法を勉強してきたが、知識を実践に活かせていない
  • 決算はよく見ているが長期的に成長する企業が良く分からない
  • 自分の分析に自信を持ち切れず、株価が逆に振れると不安で仕方がない
  • 魅力的な成長株について知りたい

 

この記事を書いている人

藤根 靖昊(ふじね やすあき)

  • 東京理科大学 大学院総合科学 技術経営研究科修了。
  • 国内証券(調査部)、米国企業調査会社Dan&Bradstreet(Japan)を経て、スミスバーニー証券入社。化学業界を皮切りに総合商社、情報サービス、アパレル、小売など幅広いセクターを経験。スミスバーニー証券入社後は、コンピュータ・ソフトウエアのアナリストとして機関投資家から高い評価を得る(米Institutional Investorsランキングにおいて2000年に第1位)。
  • 2000年3月独立系証券リサーチ会社TIWを起業。代表を務める傍ら、レポート監修、バリュエーション手法の開発、ストラテジストとして日本株市場のレポートを執筆。
アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
5th Stage Lab「シン・日本株投資」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
短期の業績変動や株価のブレに惑わされることなく、何が本質であるかを見極められる「自律した投資家」を目指していくための気構えやスキル、実例解説などをお伝えしていきます。
本資料は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報源から入手した情報に基づいて作成しておりますが、正確性の保証は致しかねます。情報が不完全または要約されている場合もあります。本資料に記載する価格、数値等は、過去の実績値、概算値あるいは将来の予測値であり、実際とは異なる場合があります。また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本資料は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。また、本資料は将来の結果をお約束するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。本資料の情報に基づいて行われる判断について、当社は一切の責任を負いません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねます。 本資料の著作権は、原則として当社に帰属します。本資料の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ