なぜグロース(成長株)投資に集中するのか

2022/03/15

 

前回まで4回にわたって投資の才能(ってなんだろうか?)について書いてきました。まだお読みいただいていない方は是非バックナンバーをご覧ください。

さて、今回は成長株投資についての私の考え(スタンス)を述べてゆきたいと思います。

「5th Stage Lab」では、「企業分析実例」や「リコメンドリスト」において取り上げる企業は、基本的には成長企業です。いわゆるオールドエコノミーの企業は全くではありませんが、取り上げることは少ないと考えています(もちろん、成熟産業にあっても成長率の高い企業は例外ですが)。大まかですが、前者はグロース投資、後者はバリュー投資と言い換えることができるかもしれません。一般的にはバリュー投資の方が、グロース投資よりも高いパフォーマンスを獲得できるという見方があります(計測時期によっても異なりますが)。

それなのに何故、グロース投資に集中するのかを申し上げます。
第一にバリュー投資は正直に申し上げて何時、株価が上がるかの見当がつきません。個々の企業の業績が反映されるというよりもマーケット要因の方が大きいように感じています。また、バリュー銘柄の多くは流動性が低く、買う時には地味に根気よくコツコツ拾ってゆく必要があります(逆に上がった時には一気に売らなければ売り場を逃します)。そのため広く分散させる必要があり、個人投資家の株式投資にはあまり向かないと考えます。
第二に、バリュー投資の対象となる企業は日本の成長を促してはくれないことにあります。人口減少で対象市場も縮小する可能性が強く、(一部の企業を除けば)企業そのものの業績も停滞する可能性が予想されます。
第三に、バリュー株は、水準訂正が起こっても株価が2倍以上になることはあまり多くはありません(下落リスクは小さいかもしれませんが)。
もちろん、配当利回りや株主優待を主な目的にして投資をされる方もいらっしゃると思いますし、それを否定するものではありませんが、「5th Stage Lab」では検討対象からは外したいと考えております。

非常に個人的な欲求ではありますが、成長株に集中するのは、まず私自身が“未来”を見たいからです。新しいビジネス(ビジネスモデル)、新しいテクノロジー、新しい市場、新しい社会、新しい組織形態とそこで働く人たちの意識とモチベーション、それが社会に何を齎すのかも含めて私は知りたいのです。
この先の世界がどの様に変化・進化してゆくのかは既存の産業や企業を見ていただけでは分かりません。また、グロース投資に身を置くことで、自分自身もRolling Stoneとなり、自己変革を促すことができると考えております。

さて、その結果として対象セクターは、IT/DX関連やインターネットサービスの企業が多くなると思います。もちろん、製造業や不動産・金融業や再エネ関係にも興味深い企業がありますが、とにかく、社会構造の変革に向けた企業を対象にしたいと考えております。

今回もお読みいただきまして有難うございました。
次回は“リアル”についての拘りをお話しさせていただきます。

 


 
あなたは自分が「何故」株式投資で勝てないのかを知っていますか?
間違えることは誰にでもありますが、「何を」「どうして」間違えたかを把握していますか?

どのようにしたら「自律した投資家」になれるのか、無料のオンラインセミナーでお伝えします。

 

【開催日程】   4月21日(木) 19時00分-20時40分

詳細は ↓ ↓

【無料ウェブセミナー】
シン・日本株投資 ~ 5th Stage Investor(自律投資家)へのアプローチ~

 

こんな方のためのセミナーです

  • アクティブ投資は楽しいと続けているが、思うような収益にはなっていない
  • これまで銘柄分析・発掘の方法を勉強してきたが、知識を実践に活かせていない
  • 決算はよく見ているが長期的に成長する企業が良く分からない
  • 自分の分析に自信を持ち切れず、株価が逆に振れると不安で仕方がない
  • 魅力的な成長株について知りたい

 

この記事を書いている人

藤根 靖昊(ふじね やすあき)

  • 東京理科大学 大学院総合科学 技術経営研究科修了。
  • 国内証券(調査部)、米国企業調査会社Dan&Bradstreet(Japan)を経て、スミスバーニー証券入社。化学業界を皮切りに総合商社、情報サービス、アパレル、小売など幅広いセクターを経験。スミスバーニー証券入社後は、コンピュータ・ソフトウエアのアナリストとして機関投資家から高い評価を得る(米Institutional Investorsランキングにおいて2000年に第1位)。
  • 2000年3月独立系証券リサーチ会社TIWを起業。代表を務める傍ら、レポート監修、バリュエーション手法の開発、ストラテジストとして日本株市場のレポートを執筆。
アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
5th Stage Lab「シン・日本株投資」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
短期の業績変動や株価のブレに惑わされることなく、何が本質であるかを見極められる「自律した投資家」を目指していくための気構えやスキル、実例解説などをお伝えしていきます。
本資料は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社(以下、「当社」)が信頼できると判断した情報源から入手した情報に基づいて作成しておりますが、正確性の保証は致しかねます。情報が不完全または要約されている場合もあります。本資料に記載する価格、数値等は、過去の実績値、概算値あるいは将来の予測値であり、実際とは異なる場合があります。また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本資料は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。また、本資料は将来の結果をお約束するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。本資料の情報に基づいて行われる判断について、当社は一切の責任を負いません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねます。 本資料の著作権は、原則として当社に帰属します。本資料の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ