臨時ECB理事会について

2020/03/19
  1. ECBは18日に臨時理事会を開き、年内に7500億ユーロの資産を新たに購入する計画を発表しました。
  2. 既存の購入対象資産に加え、信用力のある企業のCPも対象です。危機が終わるまで続けられます。
  3. 信用市場や国債市場までも混乱が拡大する中、中央銀行の思い切った行動が危機回避のカギです。

年内に1兆ユーロ程度購入

18日、ECB(欧州中央銀行)が臨時の理事会を開き、新たな資産購入計画を発表しました。名称は、パンデミック緊急購入プログラム(PPEP:Pandemic Emergency Purchase Program)、年内に7500億ユーロの資産購入を計画するものです。

購入対象資産は既存の購入プログラムのすべての購入適格資産(国債、社債、ABS〔資産担保証券〕、カバードボンド)に、信用力の高い企業が発行するコマーシャル・ペーパーが加えられます。また、国債については、これまで除外していたギリシャの国債も追加されました。購入の上限額など、資産購入の制限も外しました。資産購入は危機的状態が終わったと判断された時点で打ち切られますが、声明文では少なくとも年内は続くと示唆しています。既存の購入プログラムと合わせて、年内に1兆ユーロ程度の資産購入が進められます。

ユーロ市民サポートに全力

こうした緊急措置に踏み込んだ背景として、信用リスクが急拡大したことにあると思われます。欧州では投資適格債利回りとハイイールド債利回り、さらには周辺国の国債利回りが急上昇しました。市場のリスク回避指向が強まった一環と見られますが、ここに来て上昇が急ピッチとなり、企業の資金調達にも影響が出かねない事態となっていました。

徹底的にリスク回避しようとする市場の動きに対して、PPEPがどの程度の効果を発揮するかは今のところ不透明です。しかし、ECBは声明文の中で「実施できるものは何でもする」としており、状況次第で金融緩和をさらに強化する可能性は十分あり、ユーロ市民を全面的にサポートしていきます。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ