なぜ、9月は、金融関連銘柄の「損切り」と「利益確定」のタイミングは個人投資家にとって難しいのか?

2020/09/26

 

金融関連銘柄をお持ちでしょうか。あなたは、その銘柄で「今が利益確定のチャンスだ!」と思って売却したのに、そのあと株価が上昇するという経験をしたことはありますか?

反対に、買った直後に下落し「いつ損切りすれば良いのだろう」という経験をしたことはありますか?

私たち個人投資家にとって、この9月はこの「金融関連銘柄」の売買が難しいときでもあります。いったい、それはなぜでしょうか?

そこで今回は「金融関連銘柄」をふまえながら、その理由を解説します。

 

9月は金融関連業種「全体」の株価が…


このグラフは、月初に各業種の全銘柄を買い付け、月末に売却したときの結果を表したものです。もし、月初に買い付けた株式が、月末に上昇していれば、それは利益になります。反対に、下落していれば、それは損失になります。その結果が、このグラフです。

シナジスタ:金融関連業種月別株価動向
※上記グラフは「シナジスタ」の独自システムによるデータ分析による結果です

これを見る限り、金融関連銘柄は、年間を通して上昇傾向の月が、それほど多くないことに気がつくでしょう。もしくは、上昇傾向の月が、限定されていることに気がつくでしょう。

中でも注目したいのが「9月」です。金融業全体が大幅な下落傾向です。特に証券や不動産は15%以上の下落です。

つまり、私たち個人投資家が9月に金融関連銘柄の売買を難しく感じるのは、年間を通じて7月についで2番目に下落傾向が強い月であるからでしょう。

もちろん、これにはファンダメンタルの要因など様々な要因で、このような傾向があると考えられるでしょう。ただし、その本当の要因を掴むことは、よほどの専門家でない限り、非常に難しいと考えられます。

だからこそ、そのような要因を調べて株価を予測するよりも、データ分析を使って「株価の傾向を把握する」ほうが、株価の動きをつかみやすいでしょう。

 

なぜ「損切り」と「利益確定」のタイミングは難しいのか?


難しいのは、このような株価動向を把握しているか、していないかの違いとも考えられます。また、これは「買いのタイミング」や「株価の予測」が難しいと感じる要因の一つでもあります。

もし、このような株価動向を把握していれば、カンの良いあなたは「今は売らないほうが良い」「今は買わないほうが良い」など戦略的な判断ができるでしょう。だから、私は株価の予測はしていません。しているのは、このような株価の動向分析のみです。

 

このような分析をすることで、個人投資家が難しいと感じる「売り(損切り・利益確定)のタイミング」や「買いのタイミング」を具体的に知ることができます。もし、あなたも実際に有効な「売買のタイミング」を習得したいなら、こちらのeBook(電子書籍)『日本株再入門』を今すぐお読みください。

 

実際に有効な「売買のタイミング」を学びませんか?【無料】でeBook(電子書籍)を受取るにはこちらをクリック

 

【無料】今回のデータ分析がもっと詳しく分かるeBook(電子書籍)『日本株再入門』無料プレゼント中。今すぐこちらをクリックしてください。</strong></a><br />
【無料】今回のデータ分析の詳細が分かる「日本株5つの法則」レポート無料プレゼント中。今すぐこちらをクリックしてください。
【無料】でeBook(電子書籍)『日本株再入門』を受け取るには、今すぐこちらをクリックしてください。

この記事を書いている人

高橋 佑輔(たかはし ゆうすけ) 高橋 佑輔(たかはし ゆうすけ)
トレード歴12年以上の現役ベテラントレーダー。2008年より開始し、過去12年間で11年利益を上げる。相場の値動きの「法則」を発見し、その法則を戦略化したシステムトレードで自己資金を運用中。12年間でたった一度負けがあっただけで、11年間安定的な成績を上げ、堅実に利益を積み上げる。高橋佑輔執筆【eBook(電子書籍)『日本株再入門』】の無料配布はこちらをクリック

 

【高橋佑輔の関連記事】

株式会社シナジスタ
なぜ「高値掴みする投資家」と「底値付近で買える投資家」がいるか?それは「値動きの法則」の知識の差です。その法則を使い、過去12年で11年間利益を上げる現役トレーダー高橋佑輔が相場を分析。法則を学び、底値付近で買える投資家を目指しましょう。
株式会社シナジスタの提供する、コラム・教育サービスは、投資に関する考え方の一例をご紹介するというものですので、その正確性や完全性等について保証するものではありません。 実際の投資はお客様のご判断・ご責任で行って頂くものであり、当社は、お客様の投資におけるいかなる利益も保証するものではなく、また、お客様の投資によるいかなる損害に対しても補償を行うものでもありません。 本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ