日経平均株価の居所

2019/01/25

▣ 国内株まだ割安な状態

株価の割高、割安を判断する指標の一つであるPBR(株価純資産倍率)は、日経平均株価については昨年12月25日には0.99倍と1倍割れ、また予想PER(株価収益率)は10.71倍と2012年以来の10倍台まで低下しました(図表1、2)。直近の1月24日時点では予想PERは11.95倍、PBRは1.09倍まで戻っていますが、過去の水準からみると割安な状態です。

アベノミクス前には1倍を下回る場面が多かった日経平均株価のPBRは、アベノミクス以降2015年までは1.2倍前後まで低下すると株価は反発、2016年以降は1.0倍前後で株価は反発してきました。

予想PERは、アベノミクス以降2015年までは14倍前後まで低下すると株価は反発、2016年以降は12倍前後で反発してきましたが、昨年12月に12倍を割り込み、25日には11倍を下回りました。

▣ 株価は大幅減益を織り込んだ水準

PERは「PER=株価÷1 株当たり利益(EPS)」で求められ、株価が1 株当たり利益の何倍になっているかを示す指標です(予想PERは今期の予想EPSから算出)。過去の水準と比較して、割高・割安の判断(PERが低ければ株価は割安、高ければ割高)などに使われます。式を変形すると、「株価=PER×EPS」ですから、PERが上昇(低下)する、あるいはEPSが増加(減少)すれば株価が上昇(下落)することになります。

今回は今期の予想EPSはさほど変化していませんから、今期、来期のEPSの大幅な下振れを織り込む形で、株価がPERの低下とともに下落したことになります。予想EPSは今期の予想ですが、株価についてはもう少し先の業績を織り込みにいきます。日経平均株価の予想PERの2014年からの平均は14.7倍。やや控えめに14倍を基準にすると、2万1,000円を下回る足元の日経平均株価は、来期までのEPSについて10%台半ばの減益を織り込んだ格好です(EPSが14%強下振れると、PER14倍で足元の株価水準に)(図表3)。

▣ 過度な業績下振れ懸念が後退すれば

国内では、日本電産が、米中貿易摩擦の影響などを背景に2019年3月期の業績を下方修正するなど、企業業績の先行き不透明感が広がっています。ただ、今期、来期については大幅な減益は見込まれていません。国際通貨基金(IMF)は1月21日に発表した世界経済見通し(WEO)で、2019年の世界経済の成長率を3.5%、2020年を3.6%と、それぞれ0.2ポイント、0.1ポイント下方修正しましたが、日本については政府の消費増税対策を考慮し2019年を1.1%、2020年を0.5%とそれぞれ0.2ポイントずつ予想を上方修正しました。
とはいえ、米中貿易問題については、中国製品に対する追加関税の猶予期限が3月1日に控える中、日米通商交渉も早晩本格化するとみられます。また、10月には消費税率が引き上げられる見込みです。しばらく不安定な相場が続きそうですが、過度な業績下振れ懸念が後退すれば、徐々に戻りを探る動きになることも期待されます。

※PBR(株価純資産倍率)は、株価が企業の解散価値である純資産(資産総額-負債総額)を1株当たりに直したBPS(1株当たり純資産)の何倍あるかを表す指標で、1倍割れは株価が解散価値を下回る水準まで下落し、割安であることを意味します。

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=9&type=env

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「投資環境」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
内外の投資環境分析を基に、投資に資する情報、見通しなどを、タイムリーにお伝えします。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ