米朝首脳会談への幻想は消えたが・・・

2018/05/30

歴史ドラマがいよいよ佳境に

朝鮮半島をめぐっては、驚くべきことが次々に起こっています(ただし金融市場は、あまり反応しなくなっています)。戦争にさえ至らなければ、これほど面白いドラマはめったにないと言えるでしょう。

6月12日の米朝首脳会談がどう展開するのか(実現性も含め)、断言できません。ただ確実に言えるのは、米国のトランプ氏、北朝鮮の金正恩氏とも、会談を強く望んでいるということです。よって万が一、12日の開催が厳しくなっても、それは恐らく延期であり、市場はあまり動揺しないと予想されます。

「揺さぶり」というより「衝動」

先週、北朝鮮の敵意を理由にトランプ氏が会談中止を通告しました。しかしわずか1~2日後、予定どおり開催する方向へ舞い戻りました。同氏の揺さぶり作戦というより、衝動と直観のなせるわざです。

歴史が再び動き出したのは、「情」を交えたやり取りのおかげです。会談中止を告げるトランプ氏から金氏あての公開書簡は、会談への未練がにじみ出るものでした。そして、それを受けた北朝鮮の声明文では、トランプ氏を「内心では高く評価していた」と表明されました。同時に、対話を通じて事態を「段階的に」改善すべき旨が率直に述べられました。トランプ氏はそれらに感動し、納得したのでしょう。

(問題の即時解決という)幻想は消え、現実に即した交渉が可能に

とはいえ米朝会談が実現すれば、一番の功労者は、韓国の文在寅大統領です。文氏は米朝の仲介役という立場ですが、南北融和に対する文氏の「ぶれない信念」がなければ、何も始まらなかったのです。

トランプ氏が会談中止を一旦通告した直後には、文氏と金氏の電撃的な緊急会談が行われました。ただ、「完全な非核化」の条件や日程はあいまいなままでした。しかし重要なことは、米朝ともそれに関する解釈の大きな乖離を認識しつつ、会談に臨もうとしていることです。つまりいずれも幻想は抱いていないので、一回目の首脳会談で主張がかみ合わなくても、関係が一気に悪化することはないでしょう。

「共和党支持者はどうみているのか」がポイント

米朝会談が結局実現しそうなのは、米国の内政も背景にあります。つまり、11月の中間選挙(議会選など)でトランプ氏の属する共和党が与党の座を死守するには、既存の支持者をつなぎ止めなければなりません。そして米朝会談については、ほとんどの共和党支持者がそれを支持しているのです(図表1)。

現在、特に下院選で民主党が優勢です。同党が過半数を奪回すれば、トランプ氏はロシア疑惑の件で厳しく追及されます。そのため同氏としては、米朝会談という偉業で劣勢を挽回したいところでしょう。

日本にとって、貿易摩擦は失地回復のチャンス 

一方、選挙モードが悪い形で表れているのが、トランプ氏の通商政策です。これについては、保護主義を支持する共和党支持者が多いのです(図表2)。よって米中の貿易摩擦は当分続きそうです。さらに今月、自動車に対する高率の輸入関税を検討すると発表しました。主な標的は日本や韓国、ドイツです。

日本としては、自由貿易への「信念」に基づき、米国の理不尽な主張に堂々と反論すべきです。理性を伴った「情」が有効な場合もあるでしょう。そのようにして米国と渡り合うことができれば、北朝鮮をめぐるドラマでは脇役に追いやられた日本も、世界から(トランプ氏からも)尊敬を取り戻せます。

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会