この世界の隅々に:コロナウイルス根絶は無理なのか?

2020/09/28

予想を超える惨劇

北半球の暑い夏が終わりました。秋そして冬を迎える今後、新型コロナウイルスの感染は爆発的に広がるのでしょうか。その可能性を否定できない以上、一旦緩んだ警戒を、引き締め直さねばなりません。

このウイルスによる死者数は、世界で100万人に迫っています(図表1)。アジアなどで感染が目立ち始めた今年1~2月、これほどの犠牲を予想した人は、ほとんど存在しませんでした。新しいウイルスに対する人間の理解力には、自ずと限界があります。この事実を、まずは謙虚に受け止めるべきです。

基本的な対策が必須

コロナウイルスと気温・湿度の関係も、まだ証明されていません。とはいえ、気温が下がる季節、人間の活動は室内中心となります。そうした状況がウイルスの感染を促進するのは、間違いないでしょう。

それだけに、いままで以上に、対人距離の確保など、基本的な対策が必須となります。また、検査件数は増えましたが(図表2)、これをさらに拡充し、感染者の隔離や感染の可能性がある人の追跡を、より徹底すべきです。この点で日本は後れたため、実態を把握できず、感染不安を払しょくできません。

世界的に感染再拡大

来年夏の東京五輪を本当に開催するのであれば、そのためにも、日本は検査などを徹底し、他国から信頼を得る必要があります。ただし、五輪は世界的なイベントなので、世界各国の感染動向も重要です。

欧米をみると、冬の到来を待たず、感染が再拡大している国・地域が多数あります。欧州ではスペイン、フランス、英国など、米国では中西部などがそれに該当します。アジアでは、インドやインドネシアなどで感染が拡大し、特にインドの新規感染数は、いまや世界最多です(累計では米国に次ぐ第2位)。

春に比べると希望あり

とはいえ、春頃に比べると、各国の反応は落ち着いています。的を絞った対策で感染をかなりの程度抑制できるので、厳格なロックダウンで活動を全面的に制限する必要はない、と考えられているのです。

感染者の治療も、より効率的なものになっています。それらの結果、致死率(死亡者数÷感染者数)は総じて低下しています(ただし「弱毒化」や「集団免疫」の証拠は無い)。また、複数の有望なワクチンが治験(臨床試験)の最終段階に入っており、来年以降、それが普及する可能性も大いにあります。

前向きな改革の契機に

ただ、ワクチンの承認基準は意外に甘く、例えば米国の指針によれば、50%以上の有効性が確認されれば承認されます。よって、ワクチンの承認・普及でウイルスは消滅、と期待するのは短絡的すぎます。

本来ならば、第1波の襲来時、徹底的な対策でウイルスを封じ込めるべきでした。しかし、日本を含め多くの国がそれを怠ったため、世界の隅々にウイルスが拡散しました。こうなった以上、その根絶は困難です。それを認めた上で、各国には、オンライン化などを推し進める前向きな改革が求められます。

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ