米国の株高は続くか?:リスクを軽視できないが、市場への朗報も

2020/07/06

記録的な株高

今年前半の株式市場は、記憶にないほどの激しい相場でした。後半も、退屈な相場にはならないでしょう。コロナウイルスの猛威や、米中の緊張が続いているほか、米大統領選などを控えているからです。

米国株について振り返ると、ウイルスの感染拡大を受け、3月に一時急落を余儀なくされました。しかし4-6月期、S&P500指数は20%も上昇しました(四半期ベースで約21年ぶりの上昇率。つられて日本株なども大幅上昇、図表1)。ただ、6月は失速し、同指数の月間上昇率は2%にとどまりました。

危うい前提

失速したのは、潜在的なリスクが警戒されているためです。その一つは、米国の株高を後押ししている財政支出や金融緩和には、限界や副作用もあることです(財政赤字の膨張、相場形成のゆがみなど)。

それ以上に警戒すべきは、コロナウイルスの感染動向です。たしかに、「感染の落ち着き→経済活動の再開→景気回復」とのシナリオは、もっともらしさを備えています。実際、営業制限などの緩和に伴い、5月以降、米国の雇用は急回復をとげています。しかし今後、感染が落ち着く保証は、全くありません。

感染抑止に失敗

いま、そのリスクが高まっています。米国南部・西部の州などで感染者が急増し、営業再開が見直されているのです。「確認済み感染者増は検査を増やした結果だ」という言い訳は、気休めになりません。

というのは、入院患者も増え、テキサス州などでは医療崩壊も危惧されているからです。よって近々、米国全体の死亡者数も、増加傾向となりそうです。米国の惨状は、欧米でも際立っています。やや先に感染拡大が始まったイタリアやスペインでは、現在、感染者数の減少傾向が続いているのです(図表2)。

大統領の責任

しかしトランプ大統領は、目先の経済を優先し、ウイルスの危険を直視していません。一方、多くの州知事らは感染抑止に真剣ですが、中央政府と州政府との不協和が、効率的な対策を阻害しています。

経済優先の姿勢は、11月の大統領選で、裏目に出そうです。事実、トランプ氏を支持する人が比較的多い高齢者(特に白人男性)の中でも、同氏に失望する人が増えています。高齢者はコロナウイルスにぜい弱なので(感染すると重症化しやすい)、目先の経済よりも健康の方が重要、と考えるのが自然です。

貿易戦争は茶番

トランプ大統領は、ほかの面でも米国人を失望させています。最近出版されたジョン・ボルトン前大統領補佐官の回想録で、「自分の再選が第一」というトランプ氏の姿勢が、事細かに暴露されたのです。

その本によれば、中国との貿易戦争も、本人が大統領選で再選を果たすための単なる道具です(農産物を中国に買ってもらえればよい)。また、人権問題にもトランプ氏は全く無関心、と読み取れます。よって米中の緊張は、茶番劇めいたものに終始しそうです。この点は、今年後半の株式市場への朗報です。

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ