来週の金融市場見通し(2017年10月2日~2017年10月6日)

2017/09/29

■来週の見通し

トランプ米政権と共和党指導部は9月27日、約30年ぶりとなる大規模な税制改革案を公表しました。法人税率については35%から20%に引き下げるとともに、海外利益を国内に送金する際の課税は原則廃止。ただ、財源の手当てなどは不透明で、年内に実現するかは今後の協議を確認していく必要があります。国内では、28日に衆院が解散されました。過去の実績からは「選挙は買い」との見方ができますが、希望の党の誕生で、選挙の行方が読みにくくなっています。他方、北朝鮮の外相がトランプ大統領の発言を「明らかな宣戦布告」と非難するなど、米朝関係の緊迫化への警戒は引き続きくすぶります。

◆株価 : 高値もみ合い

国内株は、北朝鮮が目立った挑発行動に出なかったことや、経済対策への期待などから買いが優勢。米国で税制改革案が公表され、成長期待が高まったことや、ドルが強含んだことも押し上げ材料。もっとも、騰落レシオは買われ過ぎとされる130%まで上昇しており、利益確定売りに押される場面も想定されます。ただ、2日の日銀短観で良好な企業の景況感が示されると、買い安心感が広がりそうです。地政学リスクを警戒しつつ、米株、ドル円をにらみながら上値を探る展開になりそうです。

◆長期金利 : 0.05%前後でのレンジ

安倍首相は今回の衆院解散・総選挙で、2019年10月に予定されている消費税増税の使途見直しを問うとし、基礎的財政収支(プライマリーバランス)黒字化達成時期の先送りを事実上表明したことを受け、長期金利は上昇。米長期金利が米税制改革案を受け、財政悪化を警戒して上昇したことや、年内の米利上げ観測が強まったことも、国内金利を押し上げました。12月の米利上げはほぼ織り込んだとみられ、米金利が落ち着いてくれば、国内金利も0.05%前後での動きに戻りそうです。

◆為替 : 方向感を探る

ドル円は、米税制改革案を受け、海外子会社からの配当が非課税になると米国へ資金が還流し、ドルが押し上げられるとの見方から、一時113円前半まで上昇しました。地政学リスクへの過度の警戒が後退したことも、ドル買い・円売り材料。ただ、米税制改革案の不透明感や、急伸した反動から、112円台に押し戻される動きに。米金融市場の12月の米利上げ確率は70%を超えており、ほぼ織り込み済み。米税制改革や来年以降の米利上げをにらみながら、方向感を探ることになりそうです。

来週の注目点

日銀短観(9月調査) 10月2日(月)午前8時50分発表

日銀短観(全国企業短期経済観測調査)の業況判断指数(DI)は今回、6月調査に比べ、総じて小幅な上昇が見込まれます。

特に注目度の高い大企業・製造業のDIについては、輸出の増加や為替の安定を背景に、4四半期連続の改善が示される見込みです。また、個人消費にも持ち直しの兆しがみられることなどから、非製造業のDIも改善する見込みです。

2017年度の設備投資計画については、引き続き底堅い水準が見込まれます。特に製造業の設備投資は、省力化投資も必要となる中、高めの伸びが予想されます。なお、日銀の金融政策を考える上では、3日に発表される「企業の物価見通し」も注目されます。

図表、スケジュール入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=10

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「来週の金融市場見通し」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
来週の金融市場の見通し、注目点を、コンパクトにまとめてお伝えします。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ