来週の金融市場見通し(2016年2月29日~2016年3月4日)

2016/02/26

■来週の見通し

来週は、国内では29日に鉱工業生産指数、1日に10-12月期の法人企業統計調査、米国では1日に米ISM製造業景況指数、2日に米地区連銀経済報告(ベージュブック)、3日に米ISM非製造業景況指数、4日に米雇用統計、中国では1日に製造業購買担当者指数(PMI)など、重要な指標の発表が予定されています。2月上旬は、米ISM製造業景況指数が4か月連続で、米ISM非製造業景況指数が3か月連続で縮小したことを受け、米経済の先行き不透明感が広がりました。5日に中国全人代開幕も控え、気の抜けない相場となりそうです。

◆株価 : 戻りを探る

投資家の不安心理を示す恐怖指数ともいわれるVIX指数は20ポイントを下回ってきており、リスク回避姿勢がやや後退してきています。ドル円が下落したものの、111円割れが回避されたことも安心材料です。G20財務相・中央銀行総裁会議で、金融市場の混乱への配慮や景気刺激策への支援などが示されると、さらに安心感が広がる可能性もあります。とはいえ、来週は内外で重要指標の発表が目白押し。これらの指標を確認しながら、戻りを探ることになりそうです。

株26

◆長期金利 : 低下一服

マイナス金利政策を背景に、長期金利は一時マイナス0.075%と過去最低を更新しました。その影響はさらに年限の長い債券に波及しており、40年国債の利回りも1%を下回りました。1月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除くコアCPI)は前年同月比で横ばいと、低インフレが継続する中、金利は上昇しにくい状況です。とはいえ、長期金利の水準は、日本銀行当座預金の一部に適用される金利のマイナス0.1%まであとわずか。低下し過ぎへの警戒感も広がりそうです。

債26

◆為替 : 一進一退

ドル円は下落も111円強でとどまり、底割れを回避したことに加え、投資家のリスク回避姿勢がやや後退してきていること、また米国の利上げについても、年内利上げの観測がやや強まったことなどから、ドル安・円高が一服した格好となっています。もっとも、まだ112円~113円程度と低い水準。米国や中国景気の先行き不安が後退すると、円を買う動きが一段と弱まる可能性も。ただ、週末に米雇用統計の発表を控えることから、方向感は出にくそうです。

円26

来週の注目点

米雇用統計(2月) 3月4日(金)午後10時30分発表

米国の非農業部門雇用者数は、1月に前月比15.1万人増と、20万人程度の増加を見込んでいた市場予想を下回りました。ただ、2月は20万人を超える増加が見込まれ、雇用情勢の底堅さが示されるものとみられます。

また、1月は失業率が4.9%へ低下(改善)したほか、平均時給は12月に前年比2.7%増となった後、1月も同2.5%増と堅調です。

市場では現在、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げペースは極めて緩慢との見方が優勢です。しかし、今回の雇用統計で賃金などの伸びが確認されれば、利上げ観測が再び強まる可能性があります。

平均時給

 

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=10

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「来週の金融市場見通し」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
来週の金融市場の見通し、注目点を、コンパクトにまとめてお伝えします。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ