リスク管理を制するものはトレードを制す

2021/09/10

こんにちは、石田です。

さて、9月に入りましたね、最近は明らかに朝晩の気温が下がっているように感じます。
気温の変化が激しくなれば体調も崩しやすくなりますので、お気をつけください。

また今年もコロナがまだまだ収まりそうにないですから、今のうちから最大限のリスク管理をしておきたいと思います。

リスク管理といえば、皆さんは当然トレードのことを思い浮かべると思います。

私もトレードにおいての「リスク管理は最重要!」だと思いますし、「リスク管理を制するものはトレードを制す!」と考えています。

今日はこのコラムで「どれほどリスク管理が大切なのか?」と言うお話をしようと思います。

その話によって皆様に新たな気付きがあると嬉しいです。

□ スタイルの垣根を越えるリスク管理

皆さんもご存知の通り、トレードスタイルにはさまざまなものがあります。

大きく分ければシステムトレードと裁量トレード2つに分かれますが、両者それぞれにもにいくつかのパターンが存在します。

例えば裁量スタイルですが、ファンダメンタルズを最重要視するトレードスタイルでは、往々にしてテクニカルを否定する傾向が見られます。

逆にテクニカルを最重要視するトレードスタイルでは「ファンダメンタルズはテクニカルに全て集約されている」と考えるトレーダーが多いですね。

その証拠にアナリストが良く使う「織り込み済み」という「都合の良いキーワード」があります(笑)

つまり、何かの材料(ファンダ)によって、あるマーケットが上昇しそうだと言う話があったとした場合に、実際にそのマーケットが上昇しなければ、そのネタは織り込み済みであったと解説するわけです。

ちょっと話がそれましたが、結果的にテクニカルでは「チャート上にそれら全てを集約したものが現れている」と考え、指標等を重視してエントリーやエグジットを決めていくわけです。

また裁量トレードスタイルの中で、現物株などでよく用いられる「買い増し(買い下がり)」と言う手法があります。

株が安くなったところで購入資金の1部だけを使って買い、さらにマーケットが下がれば残っている資金で追加買いをする手法です。

これは株を分割して購入する事によって「買い平均値を下げる」目的があるわけですが、さらに計画的且つ戦略的に買い増して行く「ナンピン(倍ナンピン)」と言う手法もあります。

さすがにこの「ナンピン」と言う手法は「マーケットが下がり続ければすごい勢いで含み損が拡大し、一気に破滅に追い込まれる」為に、多くのトレード書籍でタブーとして取り扱われ、「ナンピンなんてするもんじゃない、ナンピンするくらいなら損切りしろ!」と言われるわけです。

で・・・。

ここまでいくつかの手法についてお話しましたが、お気付きの通りこれら全て「エントリーに対する考え方やアプローチが違う」のです。

つまり一般的に言う、「トレードスタイルが違う」と言う事です。

そして、トレーダーは他のトレードスタイルを否定し、自分のトレードスタイルを公定する傾向があります。

しかし、以前から何度もお伝えしている通り、実際には「どのようなトレードスタイルも価値は同じ」であり、「どのスタイルが一番儲かる」などと言う定義は存在しません。

と言う事は逆に「どのスタイルが一番良くない、儲からない」と言う定義もなく、全て平等なのです。

つまり、どのようなトレードスタイルであっても「構築の仕方次第で全て儲かるトレードスタイルにすることが出来る!」ということです。

これは先ほど危険な例として取り上げた「ナンピン手法」であっても同じ事、全てはルール次第です。

ここでよく考えてください。

どのトレードスタイルでも良いという事は、「具体的なエントリールールの内容はある意味どうでも良い」と言う事です。

それなのにナゼ、「儲かるトレーダーと損するとレーダーが出てくるのでしょうか?」

それがズバリ!

「リスク管理ルールの差」なのです。

リスク管理をどの程度重要視しているのか、これがトレードの結果の差なのです。

皆さん、ご存知の通り、全てのトレードで勝利する事はできません。

全てのトレードのうち、何度かは負けて、何度か勝って、それらのトータル損益の差がプラスであれば勝ち(利益)となります。

リスク管理を重要視し、理にかなったリスク管理ルールを作成し、それを正しく実行する事によってこの「差額を生み出す事ができる!」のです。

もちろん、トレードスタイルそれぞれに対して「様々なリスク管理の形」があります。

それは自分のトレードスタイルに応じたものを模索し、考えていかなければなりません。

でも「リスク管理」と言う概念、行為そのものは、トレードスタイの垣根を越えて、「全てのトレードスタイルに共通する、超重要項目」なのです。

あなたのトレード成績が思わしくないのであれば、一度自分のトレードスタイルの「リスク管理にまつわる部分」を見直してみましょう。

時間をかけてあなたのトレードスタイルにあった形でカスタマイズしてみてください。

これは時間を割くだけの価値がある行動です!

 

それではまた!

 

石田信一

 

PS. 株で資産を増やそうと思ったら、無数の方法が存在します。

しかしどんなやり方で投資しようが、この計算式を使わなければ資産を増やす事は出来ません。

◯−△=利益

◯と△についてはこの後明かしますが、たったこれだけ。

足し算も掛け算も割り算も必要ありません。

必要なのは、小学校1年生で習う引き算のみです。

資産を増やす人は意識的であれ、無意識であれ必ずこの計算式を使っています。

この『資産運用の方程式』の詳細は、以下の画像をクリックして確認してください。

クリックして詳細を見る

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ