無理をせず大きな資産を作る3つの秘訣(前編)

2021/07/12

こんにちは、石田です。

さて、今日は「無理をせず大きな資産を作る3つの秘訣(前編)」をお送りします。

大前提として理解しておかなければならないことは「資産」を作るには「収入」が必要だということです。

その収入ですが、ただ単に「増やす」という事だけを考えるなら、どんなに非効率でもその分、夜も寝ずにオーバーワークでカバーする覚悟があれば、「頑張れば頑張っただけ収入は増えるもの」なので、さほど難しいことではありません。

もしも「イヤ、私は本当に頑張っているのに理不尽な形で収入が増えないよ」というのであれば、その会社なり、取り組んでいることをやめればよいだけの話です。

それだけ頑張れるパワーがあり、「その稼ぎ方が理にかなっている」のなら他の形で活かしたほうが確実に収入が増えます。

ただ、今日の話には「無理をせず」というキーワードがついているので「無茶苦茶に頑張って収入を増やす」わけではありません。

無理せず大きな資産を作る事を計算式に当てはめて考えることで効率よく大きな資産を作る秘訣が見えてきます。

いきなり計算式から行きますが、収入-支出=純利益(純利益を積み上げたものが資産)です。

私のコラムを何時もご覧いただいている方であれば何度も目にしたことのある計算式ですよね。

シンプルに結論を申し上げますと、、、「収入」の部分を「無理をせず(できるだけ労力を減らし)」にできるだけ大きくし、「支出」をできるだけ小さくすることで「純利益が最大化」し、資産が勝手に大きくなります。

仮に年間に稼ぐ収入を100とした場合、100(収入)-80(支出)=20の純利益(資産)これが今現在の状態だとしたら

120(収入)-65(支出)=55の純利益(資産)このようなイメージにしていくと、「同じ期間で他の人よりも大きな資産を築くことが出来る」ようになります。

前者と後者では純利益の差が倍以上もありますが、これを「収入」か「支出」どちらかだけで生み出そうと135(収入)-80(支出)=55の純利益(資産)とか、100(収入)-45(支出)=55の純利益(資産)のように極端なことをするから「どこかに負荷がかかりすぎてうまくいかない」のです。

そうではなく正しい事例のように収入、支出、それぞれを少しづつ増やしたり減らしたりすれば「結果は同じなのに極端な努力は必要なし」となります。

結論として1つ目の秘訣は「どちらかだけではなく収入と支出バランスよく調整する」となります。

次に2つ目の秘訣に行きましょう、無理をせずに収入を最大化する秘訣があります。

それは、「多くの人が持っていないスキルを身に着ける」となります。

他の人が出来ない、自分だけが出来ることは「自動的に時給が上がる」のです。

逆に言うと、「人を選ばない、他の人でもできることは時給が最小化する」ということです。

その技術(スキル)が必要な場面で時給を高く設定したくても、「その金額なら他の人に頼んだ方がよい」と言われてしまえば効率よく収入を上げることなどできません。

他の人が出来ないスキルって、具体的にどの様なスキルを身につければよいかわからない。という場合は・・・。

後編に続く。。。

 


 

この他にも投資で勝つには知っておくべきことがあります。

それは、「負ける投資家の共通点」です。この共通点を知らないと本当は勝てていた売買も損切りで終わってしまいます。

なぜ損をする投資家がいる一方で、毎月勝ち続ける投資家がいるのか?

この疑問の答えを「負け組投資家 4つの共通点」としてまとめました。

以下のページから確認してください。

負け組投資家 4つの共通点

 

石田信一

 

 

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ