儲けの額は使った手間&時間&お金に比例する

2021/06/16

こんにちは、石田です。

さて、先日の事です。

友人から「そろそろ資産運用を始めようと思うんだけど、銀行から勧められている投資信託のようなモノにお任せするか、それとも自分で勉強して自分で運用するか、どっちがいいかな?」と尋ねられました。

「知らん、自分で考えろ!」とは言わずに真面目に回答することにしました(笑)ので、もしも同じようなことで思案中の方がいたら今日の話の中に参考になる部分や今後の運用計画についてのヒントがあるかもしれません。

どのようなスタイルで運用するのか?を考える前に知っておかなければならない原則があります。

それは、「儲けの額は使った手間&時間&お金に比例する」という大原則です。

言い換えると、自分が時間を使って頑張る、もしくはお金を使うと利回りは上がり、自分の時間はかけない、手間を省く、お金を惜しむと利回りは下がる。ということです。

そして、最終的にどのようなスタイルで運用するか決める場面では「手間・時間・お金」という「3つの要素」をどうバランス調整するか考え、「環境を含めた自分のライフスタイルにあわせて決定する」となります。

友人の資産運用の件に関しては、この3つの要素が

手間・・・かけても良い

時間・・・かけても良い

お金・・・かけても良い

だったので、迷わず「資産運用の知識を身に着け自分で資産運用する」事を勧めました。

もしも、「お金はかけても良いが、子供も小さいし、家のことなどやることも多いので手間と時間はかけられない」という話であれば答えは変わり、「利回りは下がっても良いから投資信託にゆだねる」ということになります。

また、「時間と手間はいくらでもかけられる、でもお金がない」というケースであれば、何も考えずに自分で知識をつけて自己運用する計画をスタートをしてしまうと知識を身に着けたは良いが、運用する資金が少ない状態だと知識が活かせないばかりか「少ない資金で無理な運用を行ってしまい、失敗」ということにもなります。

その場合は「そもそも資産運用はまだ行わない、先に資金を準備する」という計画に変更しなければなりません。

さらにこういうケースもあります。

これは私の話ですが、先日、駅の近くに「月極駐車場」を作り、4月から運用を始めました。

まったく駐車場のない地域のため、古家を解体している段階から問い合わせが入り、おかげさまで満車の状態からスタートする事になりました。

でも・・・。私の場合、ある意味「運用が本業」なので、「手間も時間もかけられるはず」です。

であれば、コインパーキングにしたり、建物を建てて賃貸したりすれば、もっと効率の良い運用ができるはずです。

しかし、そうしないのには、「建物や設備のメンテナンス、トラブルの対処など、管理全般に手間と時間を使いたくない」という大きな理由があるからです。

深い部分では「ここに踏み込むと『自由人』としての環境が崩れる」と考えているからです。

だから利回りは下がっても「月極駐車場での運用を選択する」わけです。

*管理を他に任せたくない理由などは長くなるので割愛します

手間と時間もかけられるのに、こういう結果になるというのが、まさに

=====
「手間・時間・お金」という「3つの要素」をどうバランス調整するか考え、「環境を含めた自分のライフスタイルにあわせて決定する」
=====

という部分なのです。

今の日本で少しでも豊かな生活を送るためには資産運用を行うことは大切なテーマですが、「3つの要素」や「環境・ライフスタイル」を無視して計画を立てると思わぬ事態を招く可能性もあります。

スタートする時期が後ろにずれることは大した問題ではないので、十分に思案してから取り組むようにしてください。

 

それではまた!

 

石田信一

 

PS. 株で資産を増やそうと思ったら、無数の方法が存在します。

しかしどんなやり方で投資しようが、この計算式を使わなければ資産を増やす事は出来ません。

◯−△=利益

◯と△についてはこの後明かしますが、たったこれだけ。

足し算も掛け算も割り算も必要ありません。

必要なのは、小学校1年生で習う引き算のみです。

資産を増やす人は意識的であれ、無意識であれ必ずこの計算式を使っています。

この『資産運用の方程式』の詳細は、以下の画像をクリックして確認してください。

クリックして詳細を見る

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ