カンボジアではドルが普通に通用する

2013/08/12

・タイのケンピンスキーホテルから空港までは30分で着く。日曜日の朝だったので、普段の半分の時間で着いた。料金は400バーツ(1300円)であった。ここから、プノンペン国際空港までは1時間余り、着いてみると、空港はガラガラ。日曜日の9時頃なので空いていた。

・カンボジアの通貨はリエル(Riel)、1米ドルが3800R(リエル)、空港の銀行での交換レートだ。空港の出口に、タクシーの受付カウンターがあり、ホテルまで9ドル、いきなり領収書をくれて、これが証明書になり、ドライバーが車まで案内してくれた。

・プノンペンは、ペン夫人の丘という意味があり。丘に仏像を祀ったことから始まる。プノンペン空港は市内から7㎞のところにあり、タクシーを利用し20分で中心地に着く。街に入って、いろいろ動き回って驚いた。ドルが普通に使われている。外国人が多いので、外国人のためにドル表示が普通だ。自国の通貨がまだあまり信用されていない。

・ホテルに着いて、どうやって動くかを考えた。なにせタクシーが自由にない。途上国とはそういうものだ。ホテルでハイヤーをチャーターしたのでは、人々の生活実感がつかめない。プノンペンにタクシー会社は2社、メーター制のタクシーを呼ぶには早くて20分かかる。半日走っても50ドルくらいだから高くはないが、自由度が今一つである。

・ホテルのベルマンに聴いたら、トゥクトゥクを使えと言う。トゥクトゥクとはバイクの後ろに屋根付きの座席がある台車だ。プノンペンでは自転車で台車を引っ張るタイプはもう少ない。オートバイの後ろに乗るバイクタクシーはさすがに恐い。ベトナムと同じ様に、カンボジアもバイクが隆盛を極めている。街におけるバイクの洪水は7~8年前のベトナムだろうか。バイクに家族4人で乗っているのは普通だが、かつてベトナムで1台に7人が乗っているのを見たから驚かない。

・まず、一番賑やかなセントラルマーケットに行ってみることにした。ベルマンに聞いたら、4ドルでいいと言う。ホテルの外に出るとドライバー達が寄ってきた。4ドルは高いので、3ドルに値切った。乗ってみたら、確かに便利である。しかし、埃だらけ、排ガスだらけの道を走るのだから、快適ではない。身体にも良くない。

・市場を見た。すごい。何でも売っている。言葉が全く通じないのでどうしようもない。皆、いろいろ食べている。食べてみたい。しかし、裏を見たらとんでもない洗い方だ。さすがに、食べようという気にならず、広場の向かい側にある店に入った。4ドルで、スープ、炒め物、ライスを食べた。明らかに外国人プライスだ。1ドルでも十分と思ったが、交渉する手立てがないので、15000Rを現地通貨で払った。

・トゥクトゥクに乗って、国立博物館へ。3ドルを払った。クメール時代の仏像、彫刻の出土品がいろいろ展示している。来ている人にフランス人が多い。元々フランス領であったからか。表示も英語、仏語が併記してある。ここの入場料は5ドル、これもドル表示で、リエル表示はない。表面上、自国民は相手にしていない。きっと、自国民には別の仕組みがあるのだろう。

・街をあるいてみた。喧騒の中で、新しい家がそこそこで建っている。建設ラッシュである。きっとビジネスが上手くいった家が自宅や店を建て替えている。かなりの勢いである。高層ビルの建設ラッシュはまだ見られない。新車がどんどん走っている。自国民が乗っている。たぶん、5年も経つと、タクシーが普通になって、トゥクトゥクやバイクタクシーはかなり減っていくであろう。次の課題は、マストランジットだ。バス以上に鉄道や地下鉄をどのように走らせるかが、次の10年の課題になろう。

株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所   株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所は「リスクマネジメントのできる投資家と企業家の創発」を目指して活動しています。足で稼いだ情報を一工夫して、皆様にお届けします。
本情報は投資家の参考情報の提供を目的として、株式会社日本ベル投資研究所が独自の視点から書いており、投資の推奨、勧誘、助言を与えるものではありません。また、情報の正確性を保証するものでもありません。株式会社日本ベル投資研究所は、利用者が本情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ