これから伸びる産業~DX、SDGsは儲かるのか

2020/01/27

・ESG投資で、投資家のパフォーマンスが上がるのか。この問いに対して、いくつかの見方がある。1つ目は、世界的にESG投資が注目され拡大しているが、そのパフォーマンスをみるとインデックスを下回っている。例えば、MSCI米国ESG指数の投資収益率は、米国株指数を過去10年でみて下回っているという指摘がある。

・2つ目は、ESGを重視した投資こそよい投資なので、インデックスを下回っているからといって、そのことに捉われる必要はない。ESG投資はまだ始まったばかりで、パフォーマンスはこれから上がってくるという見方である。

・3つ目は、ESGの中身をどう捉えるか。一般的に、客観的なデータを重視するならば、例えば環境保全データのよい会社、女性参加の高い会社、社外取締役が多い会社がよい評点を得そうである。しかし、ESGを重視する経営が企業価値向上に結びついているか、という点を深く分析するには、形式的なデータの集計だけでは不十分である。

・ESGをよくすれば、企業価値が上がり、ひいては株価パフォーマンスにも反映するという見方は、論理としてありうるが、そう一筋縄にはいかない。

・筆者は、これから伸びる産業は何かと聞かれたら、DX(デジタルトランスフォーメーション)産業とSDGs(持続可能な開発目標)産業と答えている。他に長寿(Longevity)産業や5G産業も有望であろう。問題は、その産業でビジネスを展開して儲けられるか。その仕組み作りが問われている。

・DXは、ほぼ全ての企業に関わってくる。ITの活用は、ミドル・バックからフロントに進んでいる。ビジネスの現場でITをいかに取り入れていくか。商品・サービスの付加価値を高め、人手不足を乗り越えて生産性を上げるには、デジタル(ビッグデータ)の活用が必須である。

・現実はどうか。経産省の「攻めのIT経営銘柄~DXの実践企業」の表彰をみると、多くの企業が意欲的に取り組んでいるが、その差は極めて大きい。トップマネジメントの認識、人材の育成、経営の実行戦略への組み込みが手始めである。

・次に、それがビジネスの現場における差別化戦略として、競争力を発揮し、付加価値の創出に結びつくかが問われる。DX投資は何よりも人材投資である。本気で取り組んで3年はかかる。システムが出来上がればバランスシートに載ってくるが、それよりもR&D型の人件費が発生してくる。この先行投資に注目したい。

・SDGsは今やブームである。サステナブル(持続可能な)世界を実現するために17のゴール(貧困、飢餓、健康、教育、平等、水、エネルギー、成長、産業、居住、気候、海、陸、平和、協力)に取り組もうとするものである。国、公共、企業、NPO、生活者など、様々な組織で具体的な課題を認識し、その克服に向けて活動が始まっている。

・社会の課題に対して、自らゴールを設定し、その達成に向けて行動する。企業の場合、どのようなSDGsを設定するのか。日本の多くの企業が現在取り組んでいることは、17ゴール(169のターゲット)に対して、まず自社のビジネスをひも付けしている。

・次に、将来の課題として自社で遂行する目標を選択し、その戦略を立案する。そして、課題克服という社会的価値の向上と、自社のビジネスとしての経済的価値の向上の両立を狙う。

・この両立がカギである。中長期的にハードルが高くても、わが社でなければできないゴールを目指して、ビジネスモデル(BM)を作り上げていく。困難な課題に取り組む人材をいかに組織化していくか。目先は儲けにつながらないが、社会的貢献を通して、いかにレピュテーションを高めていくか。そのためのイノベーションを通して、いずれ新しいビジネスを創出し、ポートフォリオの進化を図っていく。

・もちろん、うまくいかないことも多い。先行投資が徒労に終わることもあろう。経済的価値をうまない事案については、社会貢献活動として、別枠にするケースもあろう。

・では、SDGsで揚げたビジョンの遂行を通して、企業は本当に儲けられるのか。ここが大きなテーマである。日本の企業はこの20年間低収益で成長性も相対的に乏しかった。それがSDGsのターゲットを組み込んで、収益性や成長性を高められるのか。

・そもそも日本企業は、どうして収益性が低迷したのか。過去のROEをみると、日本は5~7%であったのに対して、米国16~19%、英国18~21%、ドイツ11~14%、フランス10~12%であった。最近の日本のROE は、8~9%まで上がっているが、まだ劣っている。

・これに対して、いくつかの論点がある。1つは、米国型のROE経営は株主至上主義であり。そこを目指す必要はない。日本にはもともと三方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし)という近江商人以来の伝統がある。ステークホルダーとのバランスをとってきたのであって、その流れは大事にすべきである、という考え方である。

・2つ目は、次のような考え方を大事にする。日本企業に、ROE至上主義の経営をやってほしいといっているのではない。グローバルにみて日本のROEが低いという点を十分考慮して、これをもう一段レベルアップしてほしい。分かり易くいえば、5% 以下の企業はまず8%へ、8%の企業はアジア、欧州企業並みの10~12%へ、10%を超えている企業は米英並みの15~20%を目指してほしい。

・ROEは1つの財務数値である。指標の立て方は多様でよい。重要なことは、1)社会的存在としてのわが社のビジョンを、CEOが自分の言語で語ることである。2)どのような社会的課題の解決に貢献するのか明らかにしてほしい。

・3)それをどのように経済的価値に結びつけるのか。そのビジネスモデル(BM)を揚げてほしい。4)そのBMを実現していくには、足らない資産がある。人的、知的、組織的、社会的、環境的、財務的資本などを調達し、開発していく。5)何が重要で、どう価値創造に結びつけていくか。その戦略を立ててPDCAをまわしてほしい。

・ROEの前に重要なKPIがいくつもあり、その結果としてROICやROEがみえてくる。SDGs産業は、企業がお題目に揚げればよいというものではない。17項目につながりの線を引けばよいというものでもない。中長期の価値創造に本当に結びついて、しっかり儲けることが本筋である。

・日本企業はこの儲け方が必ずしもうまくない。甘い経営に陥りがちである。日経225を構成するような日本代表する企業が、ROEを中長期的にもう3%ほど高めるような高付加価値戦略を遂行できるか。

・これを分かり易くいえば、いい商品を安く大量に売るのではなく、他社ができないサービスを適正に提供し、大いに満足して頂くのである。つまり、価格が高くても、それ以上の満足が得られればよい。大企業でも中堅企業でも、このタイプの価値創造企業が出現している。しかし、もう少し主流にならないと、全体のトレンドとはいえない。

・DX産業は伸びるし、SDGs産業も伸びる。そこできちんと価値創造できる企業が一部に留まるのではなく、もっと広がってほしい。投資家としては、新しいDX企業、おもしろいSDGs企業を選別したいので、大いに挑戦してほしい。

株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所   株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所は「リスクマネジメントのできる投資家と企業家の創発」を目指して活動しています。足で稼いだ情報を一工夫して、皆様にお届けします。
本情報は投資家の参考情報の提供を目的として、株式会社日本ベル投資研究所が独自の視点から書いており、投資の推奨、勧誘、助言を与えるものではありません。また、情報の正確性を保証するものでもありません。株式会社日本ベル投資研究所は、利用者が本情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。