長生きに発想の転換を~スコット教授に学ぶ

2019/11/11

・7月にCFA協会のフォーラムで、アンドリュー・スコット教授(ロンドン大学ビジネススクール)の話を聴いた。「Life Shift~100 年時代の人生戦略」というテーマであった。

・3年前に出版された「Life Shift」は日本でもよく読まれた。スコット教授の話をわがことのように見立ててみると、いろいろ面白いことが分かるので、いくつか取り上げてみたい。

・高齢化が進んでいる。自分も老人の域にあるが、そんな気はしない。健康で歳をとっているのはいいことなので、何も悲観することはない。では、歳を取ってきて、人生が楽しいか。ここは千差万別であろう。

・高齢者は相対的に若返っている。単に寿命が延びているだけではない。人生60年が80年になり、今後100年になろうとしている。自分の祖父母の寿命をみて、人生を考える必要はない。私の場合、祖父も父も70代で亡くなったが、祖母、母は90代半ばまで生きた。

・長生きは当たり前になってくる。その時のベストプラクティスは何か、とスコット教授は問う。歳を取っても若くいるには、今の社会の規範や仕組みが遅れており、解離が生じていると指摘する。

・人々は歳の割に若くなっていると考えた方がよい。世の中をみると、独身が増え、結婚が遅くなり、子供を持つのが遅くなり、キャリアを長く続ける方が経済的に有利となっている。2007年に生まれた日本人の半分は、107歳まで生きるようになると予想される。これがいずれ世界で起きてくる。

・今までよりも時間が豊富にある。これをどう使うか、どこに使うか。この使い方を全面的に見直す必要がある。20世紀に、ティーンエイジ、ミドルエイジ、引退、年金、という概念や制度が生まれた。これがもう古くなっている、とスコット教授は強調する。

・21世紀に生まれた人は、1)20歳前半までが準備ではなく、35歳までが準備期間となる。2)35歳から45年間、つまり80歳まで働く。3)そして、これまでよりも10~20年長く、100歳まで生きる、とイメージすべきであると話した。

・私の子供でいえば、学校を出た後、社会で10年くらい揉まれる期間も、人生の準備期間とみておけばよい。しかし、社会がそれに適応していないのも事実である。

・年齢のインフレが起きており、かつてより14歳ほど歳をとっても、若さは同じくらいであるという。本当だろうか。とすれば、1950年生まれの私は、14歳引いて現在55歳とみてよい。確かに、今55歳くらいといわれると、妙に納得できる。あと10年は元気に働きたいと思ってしまう。

・では、それを支えるアセットは何か。スコット教授は2つのアセットを対比させた。①タンジブル対インタンジブル(有形資産より無形資産)、②セイビング対プロダクティビティ(貯蓄より生産性)、③プロパティ対バイタリティ(財産より活力)、④ペンション対トランスフォーメーション(年金より転身)である。

・つまり、お金よりも、健康をベースに活力資産、転身資産がもっと大事になる、と提唱した。実物資産よりも知的資産、常に何かに挑戦して、楽しくしていく活動こそが、新しい時間の使い方であろう。

・学校(学び)→就職(働き)→老後(引退)の3ステージではなく、学校→就職→もう1つ就職→老後(自適)という4ステージをスパイラルに生きる。

・ひいてはマルチステージのワークライフバランスにもっていく。そうすれば、35歳までが準備期間、80歳まで働いて、その後も楽しい老境となろう。

・人生は多様である。人それぞれ、同じである必要はない、自分と同じ価値観を次の世代に押し付けないほうがよい。

・老後にあと2000万円が必要であるという金融資産不足が話題になったが、スコット教授は、金融資産もさることながら、次の新しい資産(アセット)を作るべし、と提唱する。

・70~80代で通用する自分なりの資産は何か。それを創ることを通して、マルチステージの機会を作っていくことが求められる。

・長く若く元気にいるには、どうしたらよいか。若さをサポートするテクノロジーは大いに発展しよう。若さを保つリ・クリエーションは、多様な産業の成長機会となろう。

・長寿人生にとって、時間の再構築は必須である。新しいアセット創りのためにも、教育・学習はますます重要になろう。スコット教授の言うライフシフトをぜひ実践したい。

株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所   株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所は「リスクマネジメントのできる投資家と企業家の創発」を目指して活動しています。足で稼いだ情報を一工夫して、皆様にお届けします。
本情報は投資家の参考情報の提供を目的として、株式会社日本ベル投資研究所が独自の視点から書いており、投資の推奨、勧誘、助言を与えるものではありません。また、情報の正確性を保証するものでもありません。株式会社日本ベル投資研究所は、利用者が本情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。