メキシコ、予想通りの政策金利据え置き~今後のペソ相場は?

2017/09/29
  1. 10回、累計4.0%に及ぶ利上げから、前会合同様7.0%で据え置き、市場予想通りの結果でした。
  2. 自然災害の影響の物価上昇懸念は一時的と見られ、中銀はインフレはピークを打ったと示しています。
  3. 対米通商関係、金利差がペソの重しですが、相対的に高い金利や経済成長が下支えとなるでしょう。

全会一致で据え置き

メキシコ銀行(以下、中銀)は、28日の金融政策会合で、政策金利である翌日物金利を7.0%で据え置くことを決定しました。15年12月からの計10回、累積4.0%に及ぶ利上げは休止、前会合同様の据え置きとなりました。

9月前半CPIは、前年同月比+6.53%と、8月の同+6.66%から減速、コアも同+5.00%から+4.90%へと減速しました。テキサスの製油所を襲ったハリケーン「ハービー」の影響で、ガソリン価格が高騰しましたが、食品の下落が相殺、堅調なペソもあいまってインフレは鈍化しました。中銀は、ハリケーンや巨大地震は甚大な被害を及ぼしたものの、物価への影響は一時的であり、インフレは既にピークアウトし、18年末には目標値である+3%へ収束すると示しています。

一方、好調な輸出と個人消費を背景に、4-6月実質GDPは順調に拡大したものの、労働需給ひっ迫によるインフレ再燃や、先行き不透明なNAFTA(北米自由貿易協定)再交渉など、米国との関係悪化を、景気減速リスクとして中銀は注視しています。3会合を終えたNAFTA再交渉は、中小企業に関する章の新設が合意されるなど一部では進捗しているものの、原産地規制などの肝となる争点への合意は時間を要するとみられ、先行き不透明感は否めません。

9.29.1                                                                                                                           

米国との金利差

米国との通商関係に加え、先日行われたFOMCでタカ派的な見方が台頭したことから、ドル高が再燃、米国との金利差縮小が、通貨ペソの重しとなっています。

 ※米連邦公開市場委員会

一方、インフレ抑制や税制目標を遵守すべく、構造改革を断固として遂行しようとする政府の姿勢は、投資家からの信任も厚く、相対的な高い金利や経済成長とあいまって、ペソを下支えする要因になると思われます。

9.29.2

 

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ