アムンディ・ヨーロッパ通信~若年層調査から見える欧州統合の未来

2019/05/24

若者も環境には敏感

先月、EU委員会が「より強く、統合された欧州を築くための方策-若者の視点」と題する調査報告を発表しました。これは、15~30歳の若年層を対象に、EUの優先課題は何かを問うたものです。その結果は右図のとおりで、トップは環境の保護で、以下、貧困・不平等の撲滅、教育環境の改善などと続きました。欧州の環境問題への取り組みの積極さは、若年層にも浸透していることが分かります。域内での人的交流に前向きな傾向も見られ、これらの優先課題の、EU全体で取り組むことの重要性が十分認識されています。

「欧州」への帰属意識は強まる?

若年層のうち、25歳以下はEU発足(1993年月)後、さらに20歳以下は統一通貨ユーロの導入(1999年)後に生まれた人たちです。若年層の、地域としての「欧州」に対する帰属意識は、中高年層と比較して強いのではないかと推察されます。各国重視か全体重視かで、EU懐疑派や親EUなどと政治勢力が分かれていますが、それはあくまでもEU強化の方途の違いであって、EU離脱まで指向する動きは、長期的には弱まっていくのではないかと思われます。

201905241

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

 

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up