東レ<3402>5/28本決算発表。昨年から700円台での横這い状態にコロナ・ショックで急落…決算発表で株価が上昇する可能性は?

2020/05/27

 

5/28に本決算発表を迎える東レ<3402>。コロナ・ショック以前の2019年は、およそ600円後半から800円前半を推移し、19年後半は700円を前後してのボックス圏内を推移していました。

しかし、コロナ・ショックにより「397.4円」の年初来安値をつけて、およそ下落前の半値近く下落しました。大きな反発がないまま現在は500円前後を推移しています。間もなく、本決算発表を迎える同社ですが、この発表で株価がどのように推移する可能性があるのでしょうか?

 

東レ<3402>の本決算前後の株価動向は?


東レ<3402>は、3月に年初来安値をつけてのち、100円ほど反発しましたが、それ以上もそれ以下もなく、そのまま500円を前後して横這いに推移しています。いったん下げ止まったことで、直近の25日移動平均線は、右肩下がりから現在の値動き同様、横這いで推移しており、上値が重い展開が続いています。

そのような中、間もなく決算発表を迎える同社ですが、本決算を挟んだ1ヶ月間(5月下旬~6月下旬)で、同社の株価は、例年どのような傾向が見られるのでしょうか?そのデータ分析の結果がこちらです。

シナジスタ:東レ<3402>の本決算前後の株価動向
※上記グラフは「シナジスタ」の独自システムによるデータ分析による結果です

2000年から2019年の株価の推移を見ると、上昇傾向が10回、下落傾向が9回、変わらずが1回見られます。この数字を見る限り、上昇傾向と下落傾向が均衡していることが分かります。また、大きく株価が変動する年も見られますが、11回は上下5%以内の変動の範囲です。

よって、大きく変動するときもあるものの、決算発表前後でそれほど大きく株価が推移しないことが読み取れます。しかしながら、10%前後~15%の変動があることは見落としてはいけない部分でしょう。

では、同社の株価は、決算発表前後でどれくらいの範囲で株価が推移することが予測されるのでしょうか?

 

東レ<3402>の目標株価は?


データ分析によると、ここから株価が以下のような範囲で推移することが予測されます。

【目標株価】
上値目安:528.4円
下値目安:477.3円

※2020年5/11終値509.5円を基準に計算

これまでの株価を分析結果を見る限り、上昇幅は約3.7%、下落幅は約6.3%と考えられます。よって、上値は「528.4円」、下値が「477.3円」が目標株価と考えられるでしょう。

なお、上値に到達した場合ですが、このときも引き続き75日線の下に位置することになります。反対に、下値に到達すると、これは25日移動平均線を下抜けすることになります。これをふまえると、同社の株価がここからさらに上昇し再浮上するには、まだ時間がかかると考えられるでしょう。

あくまでもこれはデータ分析の結果ですが、これまでのデータを見る限り、まだ上昇には時間がかかりそうです。また、決算発表前後の株価の変動も、それほど大きくないので、いったん様子見をする投資スタンスも選択肢の一つかもしれません。

 

このような分析をすることで、個人投資家が難しいと感じる「売り(損切り・利益確定)のタイミング」や「買いのタイミング」を具体的に知ることができます。もし、あなたも実際に有効な「売買のタイミング」を習得したいなら、こちらのeBook(電子書籍)『日本株再入門』を今すぐお読みください。

 

実際に有効な「売買のタイミング」を学びませんか?【無料】でeBook(電子書籍)を受取るにはこちらをクリック

 

【無料】今回のデータ分析がもっと詳しく分かるeBook(電子書籍)『日本株再入門』無料プレゼント中。今すぐこちらをクリックしてください。</strong></a><br />
【無料】今回のデータ分析の詳細が分かる「日本株5つの法則」レポート無料プレゼント中。今すぐこちらをクリックしてください。
【無料】でeBook(電子書籍)『日本株再入門』を受け取るには、今すぐこちらをクリックしてください。

この記事を書いている人

高橋 佑輔(たかはし ゆうすけ) 高橋 佑輔(たかはし ゆうすけ)
トレード歴12年以上の現役ベテラントレーダー。2008年より開始し、過去12年間で11年利益を上げる。相場の値動きの「法則」を発見し、その法則を戦略化したシステムトレードで自己資金を運用中。12年間でたった一度負けがあっただけで、11年間安定的な成績を上げ、堅実に利益を積み上げる。高橋佑輔執筆【eBook(電子書籍)『日本株再入門』】の無料配布はこちらをクリック

【高橋佑輔の関連記事】

株式会社シナジスタ
なぜ「高値掴みする投資家」と「底値付近で買える投資家」がいるか?それは「値動きの法則」の知識の差です。その法則を使い、過去12年で11年間利益を上げる現役トレーダー高橋佑輔が相場を分析。法則を学び、底値付近で買える投資家を目指しましょう。
株式会社シナジスタの提供する、コラム・教育サービスは、投資に関する考え方の一例をご紹介するというものですので、その正確性や完全性等について保証するものではありません。 実際の投資はお客様のご判断・ご責任で行って頂くものであり、当社は、お客様の投資におけるいかなる利益も保証するものではなく、また、お客様の投資によるいかなる損害に対しても補償を行うものでもありません。 本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ