日銀短観、景況感悪化も売上・収益計画は上方修正

2018/10/04

▣ 景況感悪化も、設備投資計画は強気

日銀は10月1日に、9月の全国企業短期経済観測調査(短観)を発表しました。企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は大企業製造業で、前回6月調査から2ポイント悪化のプラス19となり、3期連続で悪化しました(図表1、2)。大企業非製造業も8四半期ぶりに悪化しました。貿易戦争への懸念、原油などの原材料高、天候不順や自然災害(豪雨、大型台風、北海道地震)などが影響した模様です。
大企業製造業、非製造業の業況判断DIが悪化したことで、景気の騰勢一服との見方も出ています。もっとも、自然災害の影響は一時的とみることができることに加え、業況判断DIはまだ高い水準を維持しています。足元はやや足踏み状態ですが、先行き(予測)も横ばいとなっており、緩やかな景気拡大が続いているとはいえそうです。

他方、設備投資については、国内外の堅調な需要や人手不足を背景に、大企業は2018年度の設備投資額を13.4%増の計画としており、2017年度の4.1%増に比べかなり強気の計画です(図表3)。また、大企業の計画は若干下方修正された一方、全規模については上方修正されました。

▣ 想定為替レートは107円台で、業績の上振れ期待も

売上・収益計画では、2018年度の売上高は大企業製造業で前年度比2.8%増、非製造業で同2.0%増となり、6月調査から上方修正されました(図表4)。他方、経常利益は大企業製造業で前年度比6.9%減、非製造業で同2.4%減と減益ですが、6月調査から上方修正されており、改善傾向にあります(図表5)。

2018年度の事業計画の前提となる想定為替レート(ドル円、大企業・製造業)は107円40銭。上期の想定為替レートは107円52銭、下期は107円29銭で、6月調査より若干上方修正されたものの、足元の為替レートと比べ大幅に円高水準に設定されています(図表6)。

株価と想定為替レートの関係をみると、実際の為替レートが想定為替レートより円安なら株高、円高なら株安に動く傾向がみられます(図表7)。米中の貿易摩擦の影響が拡大することには注意が必要ですが、このままドル円が想定為替レートを上回って(ドル高・円安水準で)推移すると、業績の上振れも期待できそうです。

 

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=9&type=env

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「投資環境」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
内外の投資環境分析を基に、投資に資する情報、見通しなどを、タイムリーにお伝えします。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会