円高をもたらす米国の混迷

2016/02/12

マイナス金利で円高

日銀のマイナス金利政策は円安・株高を狙ったはずでしたが、逆に円高・株安が大きく進んでいます。

日銀の政策などアベノミクスは非力で、海外の動き、特に米国の利上げの方が重要ということでしょう。年明けには3回程度の利上げを見込む人が多かったものの、今は0~1回という見方が増えています。

これを受け、ドルは円やユーロに対し大きく下落しています。ユーロについては欧州中央銀行(ECB)がマイナス金利の拡大に前向きです。にもかかわらず、ユーロ高・ドル安が進んでいます。

要するに、為替を決める上で一番強力なのは米国の金融政策です。その米国はドル高を相当警戒しています。このため日本や欧州のマイナス金利競争でドル高圧力が生じれば、米国はドル高要因である利上げに躊躇します。つまり日欧のマイナス金利は、ドル高(円安・ユーロ安)につながるとは限りません。

米経済は失速

ただし、米国の利上げが遅れそうだという最大の理由は、米経済が失速した模様であるからです。

昨年10-12月期の国内総生産(GDP)は前期比年率0.7%増にとどまりました。年末商戦も今一つだったようです。最近の指標も冴えません。製造業の不調は想定済みですが、サービス業は好調、という見立ても怪しくなっています。たとえば1月のISM非製造業景況指数は、約2年ぶりの低水準です。

また、10年物国債利回りは昨年12月の利上げ後、むしろ低下しています。長期金利は将来の成長見通しを反映します。とすれば長期金利の低下は、米経済の長期的な低成長を織り込んでいると言えます。

雇用は、表面的には回復しています。そのため米国がリセッション(連続的なマイナス成長)に陥ったとしても、浅く短いものにとどまりそうです。しかし米国の有する問題は、より根深いとみるべきです。

大統領選も混迷

今月に本格化した大統領選も混迷の様相です。アイオワ州では、民主党はクリントン氏、共和党はクルーズ氏、ニューハンプシャー州では、民主党はサンダース氏、共和党はトランプ氏が勝利しました。

この4名のうちクリントン氏を除く3名は強い個性を持ち、「非主流」と言われています。サンダース氏は「民主社会主義者」と自称し、格差拡大や金融機関の強欲を非難しています。トランプ氏は移民への攻撃で物議を醸しています。クルーズ氏は既存政治の打破を訴え、共和党でも異端視されています。

「非主流」の台頭は、不満の表れです。特に、景気が良いと感じている人は多くありません。実際、富裕層以外の実質所得は、今世紀に入り、むしろ減っています。そして不満や怒りを、リベラルな人(左派)は富豪や金融業界に向け、保守的な人(右派)は移民や政治家に向ける、との構図です。

これをみると、GDPなどが示すよりも米国の実状は厳しいとわかります。それは利上げ判断にも影響します。当面、利上げは見送らざるを得ず、よって、ドル高・円安基調には戻りにくいと思われます。

 

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ