デルタの猛攻:それでも東京五輪が始まった

2021/07/26

コロナに打ち勝てず

これほど異常なことは、ほかにありません。緊急事態宣言の発令下、ほぼ無観客で、東京五輪が静かに開かれているのです。利権で潤う人々も、競技の結果以上に、感染動向を緊張して見守っているはずです。

事実、「安全安心」には遠いのが、現在の状況です。東京や世界のコロナウイルス感染者数は、6月下旬以降、増加傾向なのです。また、ワクチン接種が進んでいるとはいえ、その進度は、国や地域により大きな差があります。そして金融市場でも今、最大のリスクの一つとされているのが、デルタ型ウイルスです。

恐るべし、デルタ型

デルタ型は、まずインドで広がりました(ただ、インドでの感染者数は、ロックダウンなどが奏功し、現在は減少傾向)。しかし今や、ほかの多くの国々でも、この変異型のシェアが高まっています(図表1)。

その特徴は、強い感染力です(従来型の2倍程度の模様)。たとえ致死率は高くなくとも、「死ななければいい」とは言えません。感染すれば、周囲の人への影響や、後遺症などが懸念されるからです。ワクチンについても、万能薬ではありません。特にデルタ型に対する効果は、従来型の場合よりも薄いようです。 

ワクチン先進国でも

例えばイスラエルでは、必要とされるワクチン接種(通常2回)を受けた人が、人口の約61%に達しています(日本は約23%)。それでもデルタ型が急拡大しており、最近、入国管理などを再強化しました。

また、感染者が春に激減した英国でも、6月以降、デルタ型の感染が広がっています。にもかかわらず、イングランドは7月19日、ワクチンの普及などを理由に、行動規制をほぼ解除しました。しかし、その後も感染が拡大し、行動の制御は個人の判断に委ねる、という政府の方針に対し、批判が高まっています。

バイデン氏にも焦り

米国でも、デルタ型の拡大にもかかわらず、多くの州の行動規制は、まだ緩やかです。ただしバイデン大統領は、変異ウイルスの脅威を直視し、最近も、ウイルスとの戦いは終わっていない、と述べました。

同大統領には、焦りもあるようです。米国では現在、ワクチン接種が停滞気味だからです。これは州によって異なるほか、支持政党別でも差が鮮明です(図表2)。多数の共和党支持者が、接種を拒んでいるのです。そのため、ウイルスに打ち勝った、とバイデン氏が宣言できるのは、まだまだ先のことでしょう。 

北京五輪はどうなる?

それらの国々に限らず、デルタ型ウイルスは、人類への脅威です。さらに強力な型へ変異をとげる可能性も、決して低くありません。抑止策が不十分なために感染流行が長引くほど、その可能性は高まります。

主な先進国では現在、重症者数は抑えられており、行動規制は昨年よりも総じて緩やかです。そのため、当面は世界経済の回復が続く、という見通しに、変わりはありません。しかし、秋以降の感染状況は、予測困難です。よって来年2月の北京五輪は、東京五輪以上に、祝祭ムードが希薄になるかもしれません。

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ