独立記念日を祝して:アメリカは偉大なり

2021/07/05

昨年とは様変わり

アメリカ(米国)は、1776年に英国から独立した、比較的新しい国です。その記念日7月4日を、米国の人々は今年、晴れやかに迎えました。健康と経済の危機を、乗り越えつつあるように見えるからです。

昨年の今頃は、米国でもウイルスが猛威をふるい、お祭りムードではありませんでした。一方、現在は、感染がひとまず抑えられています(図表1。ただし、米国も今「デルタ型」を警戒)。これを受け、ロックダウンは緩和され、街に活気が戻ってきています。そのことが、独立記念日を華やかなものにしています。

経済も大きく復活

経済においても、米国は、復活をとげつつあります。昨年前半の米景気は、近年で最悪の落ち込みを示しました。しかしその後の回復は目覚ましく、消費者の景況感も、着実な改善を示しています(図表2)。

それを可能にしたのは、何よりも、ウイルスの感染抑制です。それに加え、財政・金融の両輪を用いた大規模な経済対策(所得補助、利下げなど)も、景気回復に大きく寄与しています。そうした景気回復を先取りし、米国株は昨年春以降、大幅に上昇しています。金融市場の機能不全は、ほぼ回避されたのです。

世界を救ったもの

経済や金融の崩壊を免れたのは、米国だけではありません。ほとんどの国の経済は、昨年悪化したとはいえ、意外な底堅さも見せたのです。事実、世界全体の総生産は昨年、3%程度の減少にとどまりました。

この点、インターネットや電子機器の普及に救われたところが大きい、と言えます。それらのおかげで、感染防止のための外出制限下でも、大半の仕事や生活などを支障なく続けられるからです。そのようなテクノロジーの多くを発明し、かつ、世界に広げた米国の功績は、ワクチン開発への貢献にも劣りません。

米国株の展望は?

そのように、革新的な技術やビジネスモデルを生み出す活力こそが、米国の強みです。それが健在である限り、米国経済の底力は保たれるでしょう。金融市場における米国市場の主導権も、まず揺るぎません。

しかし、米国の急速な景気回復に伴うインフレ圧力の高まり、および米金融政策の引締め観測などが、当面の米国株を圧迫しそうです。一方で、バイデン政権の追加経済対策(インフラ投資策など)が、今年秋頃には成立しそうです。それによる生産性の向上が、米国株の中長期的な上昇を促す、と予想されます。

米欧の宗教的価値

ただし、米国の威信は、経済力だけによるのではありません。より根本的には、「人は皆、神の前では平等」という教えに基づく民主主義など、西洋流の価値観を保持してきたことが、米国への敬意の源泉です。

米国は、そうしたキリスト教的価値を実現すべく、主に欧州系の人々が基礎を築いた国です。そのため、共通の価値観を軸に米欧同盟の強化を図るのは、ごく自然なことです。よって、崇高な価値を軽んじる前大統領のような人物が、再びリーダーにならない限り、西洋の盟主として、米国は君臨し続けるでしょう。

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ