業績2段階アップの常連企業は買いか

2015/01/22

2015年3月期・第3四半期の決算発表が始まった。昨年4月の消費税率引き上げ、円安進行、原油価格の急落など上場企業を取り巻く経営環境が大きく変化する中、業績上方修正の『常連銘柄』に注目したい。

 

■上方修正には持続性がある
一般に、上場企業は期初(3月決算の場合は5月中旬まで)に売上高や経常利益など今期の業績予想を公表し、その後も四半期ごとの決算発表などに併せて最新の予想を出す。当然、期初時点の予想よりも増額/減額することがある。

ここで、期初予想は控えめに設定されており、中間決算を発表するタイミングで上方修正される傾向がある。加えて、中間決算時点で上方修正した銘柄のうち、3月期末の実績利益が中間予想を更に上回る「2段階アップ」は実に8割にのぼった。つまり、業績の上方修正にはモメンタム性(持続性)がある。この様子を示したのが昨年10月6日付けレポート『中間決算の業績上方修正は期末に8割の自信-中間決算から半年先を読む(1)』だ(下方修正にも一定の持続性が見られる)。

20150122

■2段階アップ常連企業
個別企業を細かく調べていくと、毎年のように2段階アップを繰り返す『常連企業』がある。

続きはこちらから>>>

株式会社ニッセイ基礎研究所
投資の科学 (ニッセイ基礎研究所)   株式会社ニッセイ基礎研究所
株式投資においては、市場を正しく理解し、市場と冷静に向き合うことが重要です。 それには科学的かつ客観的な分析が欠かせません。 投資家の立場から「実りある資産運用」に役立つ情報を提供します。
本誌記載のデータは各種の情報源から入手・加工したものであり、その正確性と安全 性を保証するものではありません。 また、本誌は情報提供が目的であり、記載の意見や予測は、いかなる契約の締結や解 約を勧誘するものではありません。

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ