FM 今週のポイント(5月18日)

2015/05/18

*先週末の日経平均株価は一時180 円高の19750 円まで上昇し、25 日移動平均線の19778 円に接近しました。週末事情もあり、一気に上抜くことはできませんでしたが、4月末からの世界的なアンワインドの動きが収束しつつあり、今週は25 日移動平均線を超えての堅調推移が期待できます。ECB のドラギ総裁が資産買い入れプログラムを完全実施すると明言したことで長期金利の上昇懸念が後退し、英独仏とも株価が上昇しています。さらに米国では、4月卸売物価指数が前月比0.4%低下(前月は0.2%上昇)しました→4月小売売上高に続いてさえない指標が出たことで利上げ時期の後ずれ観測が浮上。NYダウは191 ドル高、S&P500 は終値ベースで過去最高値を更新しています。

*国内企業の決算発表はピークを越えています→終わった期は10%の経常増益で今期は電力を除くベースで約8%の経常増益です(電力のリカバリーが大きく電力を入れると10%超)。8%の増益率は期初の段階としてはまずまずの水準です→従来通り慎重な見通しであり、今後暫時、上方修正されて行くものと思われます(現段階でトップダウンで判断すると今期は15%以上の経常増益が見込まれる)。ただし、アナリストの見通しが極めて強気で、現段階でアナリストのカバー銘柄を集計すると23%以上の増益予想です→足元の8%とのギャップが業績発表を受けて株価が上昇しない一因になっています。

*世界的なアンワインドと同期するように話題になっていたのがMSCI 最小分散指数です→言わずと知れたスマートベーター指数の代表格です→この指数の入れ替えが迫っています(今週、19日の予定)。当然ながらMSCI 最小分散指数の業種構成比はTOPIX と比較して大きな相違があります→TOPIX の構成比よりも大きい業種が、医薬品、食料品、運輸、情報通信、小売等です。世界的に過剰流動性拡大をベースに債券代替投資として買い進まれてきた業種と同様でもあり、年金資金を中心にスマートベーターの認知度が高まるとともに当該セクターの上昇率が大きくなりました。今週の銘柄入れ替えにおいては上昇率が高かった銘柄(ベーター値上昇)の構成比が大幅に低下することは避けられず、事前にマーケットに認知されています。医薬品、食料品、電鉄株の一部がこの数週間、大きく下落した背景です。ところが先週末は当該銘柄が軒並み大きく反発しています。スマートベーターバブルのアンワインドも収束しつつあります。やっとマーケットはノーマルな状況に戻ってきたようです。水準もほぼ25 日移動平均線の20000 円手前です。エントリーには最適な状況です。今期上方修正の確度が高い銘柄を中心にボトムアップリサーチの精度を高め、マーケットタイミングを計って行きます。

いちよしアセットマネジメント株式会社
ファンドマネージャー 秋野充成の視点   いちよしアセットマネジメント株式会社
25年超にわたるファンドマネージャー経験に基づきマーケットに即した情報発信、短期から長期の相場想定を提供していきます。
『 重要な注意事項 』
  • この資料は、市場の現状の説明資料の一部としていちよしアセットマネジメントが作成し、提供するものです。未許可での使用、複製の作成や発表は法律で禁じられております。
  • この資料は、いちよしアセットマネジメントが信頼できると判断した情報源からの情報に基づいて作成されたものですが、過去から将来にわたってその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • この資料は、投資の参考となる情報の提供を目的としたものであり、個々の投資家の特定の投資目的または要望を考慮したものではなく、また投資勧誘を意図したものではありません。
  • この資料に掲載されたデータ・グラフ等は過去の実績またはシミュレーションであり、将来の成果を示唆、あるいは保証するものではありません。また、記載された見解等の内容はすべて作成時点でのいちよしアセットマネジメントの判断であり、今後予告なく変更されることがあります。
  • 有価証券投資は、株価の変動により、または発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、損失が生じるおそれがあります。
商 号 等: いちよしアセットマネジメント株式会社
        金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第426号
加入協会: 一般社団法人 投資信託協会
       一般社団法人 日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ