10月の米国雇用統計~19年の金融政策への示唆

2018/11/05
  1. 10NFPは前月比+25.0万人と好調、失業率は3.7%と横ばいでした。就業率の上昇が続きます。
  2. 賃金が前年同月比+3.1%と再び+3%台に乗せ、年末に向けて好調な個人消費が示唆されます。
  3. 株価急落で利上げ限界論も出る様相でしたが、19年末まで3回0.75%の利上げが大勢となっています

順調な雇用の増加が今後も続く見込み

2日、米労働省が発表した10月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数(NFP)は前月比+25.0万人でした。今年は何度か+20万人を下回っていますが、1-10月平均は+21.3万人で、順調に雇用の増加が続いています。

失業率は3.7%(前月比横ばい)でした。雇用環境の改善で、次々と求職活動に参入する人が増えていますが、逐次雇用され、低水準が続いています。なお、就業者数の生産年齢人口(16歳以上の人口)対比(就業率)は60%を超え、リーマンショック直後の09年始めの水準まで戻しています。しかし、過去最高は00年4月(ITブームの最高潮期)に記録した64.7%であり、まだ雇用増加の余地はあると見られます。新たな求職者が労働市場に参入してくるので、失業率は下がりにくくなりますが、一方で就業者数は増え続け、就業率が上昇する局面が、当面続くと見込まれます。

201811051201811052

利上げ限界論は一時的?

民間企業時間当たり平均賃金(以下、賃金)は前年同月比+3.1%と、9月比0.3ポイント加速しました。8月に続く+3%台乗せで、年末に向けて好調な個人消費が示唆されます。全米小売業協会は、18年の年末商戦は前年比+4.3~4.8%と予想しています。17年実績(+5.3%)は下回るものの、過去5年平均(+3.9%)を上回るとしています。

10月半ばの株価急落で、一時は、利上げは限界との見方が出てくる様相でしたが、その後の市場の落ち着きと好調な賃金動向から、現在はそれ以前の見方に戻っています。すなわち、年内1回、19年は前半に2回の、計3回0.75%が大勢となっています。ちなみにアムンディでは、市場の混乱が激しさを増すなどの事態にならない限り、ほぼ同様の見方をしています。

201811053

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会