豪中銀、政策金利据え置き~豪ドルは割安?

2016/09/07
  1. RBA(豪準備銀行)は6日の理事会で政策金利を1.5%に据え置きました。インフレ圧力は限定的です。
  2. 企業の景況感が落ち込んだものの、消費センチメントは依然良好で、豪経済の底堅さは変わりません。
  3. 国際商品市況に対して豪ドルは出遅れているようで、景気が失速しない限り反発の可能性もあります。

低金利+豪ドル安が景気刺激

6日、RBA(オーストラリア〔豪〕準備銀行)が定例理事会を開き、政策金利のキャッシュレートを1.5%に据え置きました。

足元の豪経済は、PMI(製造業景況感指数)が14カ月ぶりに50%を割り込み、企業の生産活動の鈍化が懸念されます。しかし、ANZ Roy Morgan消費者信頼感指数という消費センチメント指数は年初来の最高水準近辺で推移しており、底堅い状況です。一方、月次の推定CPIが8月時点で前年同月比+1.2%にとどまっており、7-9月期も低水準が予想されます。RBAは声明文で、低金利政策が貸出金利の低下を通じて経済を活性化すると見ているほか、豪ドルの下落は輸出競争力の向上を通じて経済の底上げに寄与するとしています。また、行き過ぎた豪ドル高を警戒する姿勢を変えていません。

201609071

政策スタンスが豪ドルを低位に据え置き

豪ドルは、値動きが小さくなっています。8月の月間値幅は、対米ドル、対円双方とも年初来最小でした。こうした中、国際商品市況に対する連動性が薄れ、相対的に低位な状態が半年近く続いています。

CRB指数と豪ドル対米ドル相場は、長期的には70~80%程度の連動性がありますが、今年は50~60%と、5年ぶりの低水準です。このところ、原油価格が安定化しつつあるなど、同指数の下値不安が後退しています。RBAが過度な豪ドル高を警戒していることもあり、豪ドルが国際商品市況に対して低位となっている面もあるため、今後、世界的な景気失速で市況が大きく下落しない限り、豪ドルには反発の可能性もあると思われます。

201609072201609073

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ