米大統領予備選挙、本日開始

2016/02/01
  1. 本日より6月にかけて全米各州で大統領予備選挙が実施され、7月に大統領候補が決まります。
  2. 序盤戦が勢いを見る上で非常に重要です。スーパーチューズデー(31日)でほぼ大勢が決します。
  3. 民主党はクリントン、サンダース両氏の一騎打ち、共和党はトランプ氏優位ながらバラつきがあります。

「序盤州」の結果が全体に影響する傾向

本日、アイオワ州の党員集会を皮切りに、民主、共和両党の米大統領予備選が始まります。2月中は、ニューハンプシャー、ネバダ、サウスカロライナの計4州で、党員集会または予備選挙が実施されます。これらは「序盤州(early state)」と呼ばれ、候補者の勢いを知るうえで重要です。

ちなみに、大統領候補に指名された者は、序盤2州のどちらかで勝利する傾向があります。また、共和党候補にとっては、民主党が伝統的に強いとされる南部諸州で最初の予備選挙であるサウスカロライナ州の結果も重要です。そして3月1日のスーパーチューズデーでほぼ大勢が決します。

201602031

民主党は依然クリントン氏優勢、共和党は依然波乱含み

民主、共和各党の候補者への支持率ですが、民主党はクリントン氏と、最近急速に支持を伸ばしてきたサンダース氏(民主党左派)の一騎打ちの様相です。共和党は過激な発言が注目されるトランプ氏がリードしていますが、まだ支持にバラつきが見られ、依然として波乱含みです。

各党の候補が決まった際の投票態度については、昨年は民主党が共和党をリードしていましたが、最近は徐々に接近しています。下表はCNNによる調査で、メディアによっても違いがありますが、両党とも予断を許さない状況です。

201602032

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ