アムンディ・ヨーロッパ通信~思い切った景気対策へ(ユーログループ)

2020/03/19

 

景気後退リスクの増大に対処

16日、ユーログループ(ユーロ圏財務相会合)がビデオ会議を実施しました。新型ウイルスの感染拡大の影響で、景気の落ち込みが避けられない情勢です。3月のZEW景況感指数は、過去の景気後退期相当へ急低下しました。欧州委員会によると、経済活動の停滞で欧州連合(EU)の経済成長率がマイナスに落ち込む可能性があるとしており、議長のセンテノ・ポルトガル財務相は、ユーロ圏各国を代表し、早期の景気回復を目指してどんなことでもすると表明しました。

GDP比1%以上

GDP比1%以上:5時間にわたる会議の中で、各国が表明した経済対策は、ユーロ圏の名目GDPの1%に上り、さらに上積みされる可能性もあります。金額としては約1200億ユーロ(約14兆円)以上となります。センテノ議長は、EUの財政規律である安定・成長協定(財政赤字対GDP比3%未満など)を一時的に停止すると表明しました。経済対策の内容は国ごとの事情によって異なりますが、企業の資金繰り支援として流動性供給、税制措置、信用保証付与など、雇用対策として失業給付、税納付の延期、有給休暇の拡充などが挙げられています。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会