アムンディ・ヨーロッパ通信~欧州株で下落の行き過ぎ度合いを見ると

2020/03/13

 

30%を超える下落

世界的に株価が急落する中、欧州株も同様の動きとなっています。欧州の代表的株価指数であるユーロSTOXX50指数は3月12日の終値で、年初来高値からの下落率が34.2%に達しました。予想EPS(向こう12ヵ月ベース)は、2月下旬以降下方修正が速まり、予想PER(同)も10.0倍と割安感が強まったものの、現在の状況では、それだけ景気や企業業績の先行きに不安感が強まっている表れとも言えます。

下落の行き過ぎを測る

株価の下落局面で、その行き過ぎ度合いを示す指標として「ボラティリティ指数」があり、ユーロSTOXX50指数ではVSTOXX指数がそれに当たります。3月12日では71.52と、リーマンショック後に記録した81.57以来の高水準となりました。ボラティリティ指数は「恐怖指数」とも言われており、市場心理が極端に悪化したことを示しています。しかし、ボラティリティ指数は、もう一つの側面として、下落の行き過ぎを測る指標でもあり、極端に売り込まれた水準とも言えます。先行き数ヵ月間では波乱を引きずるものの、数年間という期間では投資機会が提供されていることが、過去の推移からもうかがうことができます。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

コラム&レポート Pick Up