米国雇用統計(2月)~新型ウイルスの影響は?

2020/03/09
  1. 2月の非農業部門雇用者数(NFP)は前月比+27.3万人と高水準の増加幅です。雇用環境は良好です。
  2. 米国でも新型ウイルスの感染が拡大しており、経済活動自粛で雇用増が鈍化する可能性があります。
  3. 世界的な景気後退が懸念されて質への逃避が起きていますが、こういう局面で市場は行き過ぎがちです。

新型ウイルス感染拡大の影響はこれから

3月6日、米労働省が発表した2月の雇用統計(速報)では、非農業部門雇用者数(NFP)が前月比+27.3万人でした。前月と並び、高水準の増加幅となりました。暖冬の影響で建設業が堅調なほか、ヘルスケア、外食も好調でした。また、民間企業の時間当たり平均賃金は前年同月比+3.0%と、底堅く推移しています。総賃金(雇用者数や労働時間の変化も加味した賃金)も前年同月比+4.2%(前月比+0.4ポイント)と個人消費にとって追い風です。

新型ウイルスの感染者が米国でも拡大しています。世界保健機関(WHO)によると3月8日時点の感染者数は213名で、直近1週間で3倍以上に拡大しており、今後、雇用環境に影響が出る可能性があります。特に、サービス業を中心に雇用削減のケースが出るなど、全体の雇用の増加ペースが落ち込むことが考えられます。

質への逃避の性質

ドル・円相場は世界的な景気後退が懸念されて「質への逃避」が起きており、本日、ドル・円相場は一時1ドル101円台に急進、日経平均株価は2019年1月以来の2万円割れとなりました。

質への逃避は、過去、世界同時多発テロ(2001年3月)、リーマンショック(2008年9月)などで起きました。逃避が起きている最中に転換点を推し量るのは困難ですが、こういう局面では相場の行き過ぎを生み出しがちです。投資環境が一旦市場に追い風となると、急速に反対方向に動くことがあることに留意が必要と考えます。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会