アムンディ・ヨーロッパ通信~不透明感根強いEU離脱後の英国の行方

2020/03/06

 

交渉開始、対立点は多い

3月2~5日、英国と欧州連合(EU)が、今後の両者の関係を議論する第1回会合を開きました。モノ、サービスの貿易のほか、各種規制やルールのすり合わせを行い、年末までの合意を目指し、今後月2回ペースで開かれる予定です。自由貿易協定(FTA)についてはほぼ意見が一致している一方、規制やルールについては対立点が多く、自らのルールをなるべく反映させたいEU側と、それを拒否する英国側で、今後厳しい交渉が続くと見込まれます。

最終的な合意まで不安

イングランド銀行(英中央銀行)が月1回、企業に対してビジネス環境に関する調査を実施しており、EU離脱に係るビジネス上の不透明感がいつ解消するかを問うています。それによると、年内の解消は難しいとする回答が75%を超えました。確かに、移行期間が終了する年末までに合意できなければ、結局「合意なきEU離脱」と同じになってしまうため、不安が尽きないのも致し方ないところでしょう。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会