アムンディ・ヨーロッパ通信~2020年のユーロ相場見通し

2020/01/10

 

政治リスクと景気減速の深化が重し

2019年のユーロ相場は、対円は125.6円から121.6円へ3.2%、対米ドルは1.146米ドルから1.121米ドルへ2.2%、いずれも下落しました。2018年に比べると緩やかでしたが、Brexit(英国の欧州連合(EU)からの離脱)の難航や貿易をめぐる米国との対立など、政治的な要因が重しとなり、当初の弊社予想とは違い、ユーロ安の展開が続きました。景気減速がより深くなり(特にドイツ)、金融緩和が実施されたことも、当初予想とは異なりました。しかし、秋以降は、世界的な金融緩和の進行で景気先行き不安が和らぎ、Brexitも一定の方向性が見えたため、投資家のリスク選好が改善し、持ち直しました。

年後半に切り返しへ

2020年のユーロ相場は、年前半はユーロ圏での景気減速の影響が残り、米ドルと円が底堅い一方で、ユーロは安値圏で推移するものの、年後半はユーロ圏の景気が改善するとともに切り返してくる展開を予想しています。米ドル・円相場が年央以降円安傾向になること、欧州特有の政治リスクがくすぶる中で上昇を抑えられていた分の反動も加わり、年末にかけて上昇基調が強まると見込まれます。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会