アムンディ・ヨーロッパ通信~ユーロ支持率は過去最高を更新(Eurobarometerより)

2019/12/13

 

底上げ進む

EU(欧州連合)委員会は11月29日、ユーロ圏諸国民の統一通貨ユーロに対する意識調査「フラッシュ・ユーロバロメータ」を発表しました(調査期間:10月14-18日)。ユーロを自国にとって「良い」とする回答割合は65%と、前年調査から1ポイント増加し、過去最高を更新しました。「良い」が50%を割り込んだのは1国のみで、前年の2国から減少しました。しかも、下位2国の「良い」が前年比+7、+8と大幅に増加し、ユーロ支持の底上げが着実に進んでいる様子も見られました。

ユーロ支持をさらに高めるには

統一通貨導入のメリットとして、欧州のような大小さまざまな国が並立し、陸上で日常的に行き来が行われる地域では、通貨が同一であることで、両替等の煩雑さとコストを回避できることが挙げられます。一方、経済力が強い国に有利という面もあり、財政統合などの経済格差を縮小させる検討が進められています。今後は、生活面でのメリットに加え、ある程度の豊かさの平準化が、ユーロの支持をさらに高める方策と考えられます。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会