ズームイン・インディア~インド準備銀行が今年4回目の利下げ-市場への影響は?

2019/08/09

インド準備銀行(RBI、インドの中央銀行)は7日、政策金利であるレポ金利を0.35ポイント引き下げ、5.4%にすると発表しました。4会合連続の利下げで、このところ減速傾向にある景気を強力に下支えします。

RBIは年度後半に景気が回復すると予想

RBIは偶数月に金融政策委員会を開いて政策金利を決定します。これまで、政策金利の変更は0.25ポイント単位で実施してきました。今回、0.35ポイントの利下げとしたのは、2018年後半から続く景気減速傾向と低いインフレ率から、定型的な変更幅にこだわらず、金融緩和の効果をより高めることを狙ったものと思われます。また、追加利下げの可能性もあります。

先行きの景気について、RBIは回復を予想しています。実質GDP成長率について、2019年度(4月~翌年3月)は+6.9%ですが、前半は+6%台前半、後半は+7%台前半と、+7%台を回復すると予想しています。また、CPIについては、2019年7-9月期は前年同期比+3.1%、2019年度後半は同+3.6%と安定が続くとしています。なお、インドのGDPに占める対中貿易の割合は約2%と低く、米中貿易摩擦の影響はそれほど大きくありません。

201908091

利下げ効果で株価は底堅い展開へ、ルピー下落は一時的

インド株式市場は7月以降軟調です。主に①2019年度予算が期待ほど拡張的でなかった、②上場企業の浮動株比率引き上げ、③富裕層の所得税増税、④自社株買いと外国人の有価証券投資への課税強化、など国内要因によります。これに、トランプ米大統領による対中輸入への関税強化の表明が、新たな政治リスクとして意識されたことが加わりました。

株価は、相次ぐ史上最高値更新で割高感が生じていましたが、今般の下落でほぼ解消しました。今後、利下げによって、景気が持ち直してくれば、企業業績への期待が高まってくると思われ、株価は底堅さを増していくと考えます。ルピー相場は、リスク回避の一環で売られたと見られ、市場心理が落ち着けば急落前の水準に戻すと思われます。

201908092

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

 

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up