ユーロ圏の2月景況感について

2019/02/25
  1. ユーロ圏の2月景況感指標は、製造業が不調であった一方、全体的にはバラつきが見られました。
  2. ifo指数が特に弱く、ドイツ企業の景況感悪化が目立ちましたが、非製造業は下げ止まりも見られました。
  3. 欧米金融当局が緩和姿勢に変わったことは景況感には追い風です。ユーロ相場を支えると考えます

弱めながらまだら模様も

ユーロ圏の2月景況感は引き続き弱く、年前半は減速傾向が続くことを示唆する内容でした。ただし、全体的にはバラつきが見られました。21日、IHSMarkitが発表したPMI(総合)は、前月比+0.4の51.4でした。うち、製造業が同-1.3の49.2と13年6月以来の50割れでした。景気が拡大に転じた時以来です。一方、サービス業は同+1.1の52.3と、内需には下げ止まりも見られました。

また、22日にCESifoが発表したドイツ企業景況感指数(ifo指数)は、前月比-0.8の98.5(15年=100)でした。現況指数(同-1.1、103.4)、期待指数(同-0.5、93.8)双方とも弱く、ドイツ企業の景況感の弱さが目立ちました。ただし、業種別には流通、建設で期待指数が前月比上昇し、変化も見られます。この他、ZEW指数(期待)は同+4.3の-16.9、センティックス経済信頼感指数(ユーロ圏、総合)は同-2.2の-3.7など、全体的に弱いながら動きにバラつきも見られました。

201902251

※ZEW指数:ドイツの調査機関ZEW(欧州経済研究センター)がアナリスト、機関投資家、市場関係者に対するアンケート調査を基に算出
☆センティックス経済信頼感指数(本文では「指数」に省略):ドイツの調査会社センティックス社が個人投資家、機関投資家に対するアンケート調査を基に算出

金融政策の姿勢の変化が景況感に与える影響に期待

ユーロ相場は、景況感の冷え込みによる金利上昇期待の後退で、昨年は軟調な展開でしたが、11月頃から対ドルでは小動きです。対円では、円高・ドル安の進行で年初までは円高傾向、その後は動きが落ち着いています。

景況感の冷え込みは、むしろユーロの下落が一巡した後ですが、これは、世界的な景気減速が懸念される中で、欧米の金融政策の姿勢が、中立化もしくは引き締めから緩和気味へ変化したためです。景況感の下支え、もしくは欧米金利差拡大の一巡への思惑から、ユーロの割安感が強まったと見られます。これで、企業の景況感、特に先行きに対する見方の好転が鮮明化すれば、ユーロには追い風になると考えます。

201902253

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会