試される価値観:ミャンマーとアフガニスタンの経済危機

2021/10/18

ある国の危機は世界の危機

自分と関係のないことに関心を持つのは、難しいものです。しかし、少なくとも間接的に、世界中の出来事は、互いにつながっています。よって、他国が苦悩している経済危機に、無関心ではいられません。

もっと注目されるべきは、ミャンマーとアフガニスタンです。両国では今年、国軍や武装勢力が政権を奪った後、多数の人が犠牲となり、経済も今、危機的な状態です。それらを放置するのは、極めて危険です。両国民の生命が危ういだけでなく、近現代を基礎づける人権などの価値観が、動揺しかねないのです。

ミャンマーの苦しみは続く

ミャンマーでは、2月、国軍がクーデターを起こし、アウンサンスーチー氏の率いる政権を倒しました。これは一時、米欧や日本のメディアも派手に報じましたが、その後、関心が急速に薄れたように見えます。

しかし、ミャンマーの人々は、今も苦しんでいます。軍事政権に対するデモなどで、死者数は8月末、1,000人を超えました。また、軍事政権、前政権、少数民族の間における不和がからみ合い、各地で抗争が起こっています。それらのため経済の混乱が続く、との観測で、通貨価値が急落しています(図表1)。

アフガニスタンの経済危機

ミャンマーへの国際的な関心が薄れた背景には、8月以降、アフガニスタンへ関心が移った、という事情もあります。実際、米軍のアフガニスタン撤退を受けたタリバンの全土制圧は、あまりに衝撃的でした。

アフガニスタン情勢も、混迷を深めています。タリバンはイスラム急進派ですが、現在は極力、暴力を控えています。しかし国際社会は、タリバン政権を公式に承認しておらず、開発援助に頼ってきたアフガニスタン(図表2)への正式な供与は、ほぼ停止しています。そのため同国の経済も、崩壊の瀬戸際です。

建前と秩序、どちらが重要?

ミャンマーもアフガニスタンも、選挙によって選ばれた政権が、武力によって倒されました。そのため、選挙を通じた民主主義にこだわる米欧諸国などは、新しい政権を簡単に承認するわけにはいきません。

しかし、社会の秩序や経済の安定を回復するには、両国の新政権を認めた方がいいのかもしれません。そうしなければ、資金援助や貿易・投資を公然と行うのが難しいからです。このように国際社会は、「民主主義の建前」と「秩序と安定」のどちらを優先するのか、という、ジレンマ(板挟み)の状況にあります。

日本は人権を重んずるのか?

それでも結局、国連に代表される国際社会は、ミャンマーとアフガニスタンの新政権を、承認する可能性が高いでしょう。特に米国が、他国の体制を強引に変える意思と能力を、もはや失いつつあるからです。

ただし、新政権が承認されても、両国の経済運営などが軌道に乗るには、長い時間を要します。それまでの間、経済危機や内戦で両国の難民が増えれば、日本も、難民受入れの判断を迫られます。人権が普遍的な価値だとすれば、他国の不幸は自分と無関係であり得ず、それについて、無関心ではいられません。

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ