エバーグランデショック:中国式不動産金融危機爆誕?

2021/09/22

改革は適切だが副作用も

中国は現在、経済・社会の改革を進めています。この過程で、「適度の混乱」は避けられません。不動産開発大手、エバーグランデ(中国恒大集団、図表1)の経営不安も、そうした観点から理解すべきです。

中国政府が目指すのは、不動産バブルを抑制し、住宅を購入しやすくすることです。このため、不動産関連の借入れ抑制措置を、昨年から強化しています。それ自体は、適切な改革だと言えます。ただ、これに伴い、過度な借入れにより事業を拡張してきた恒大集団のような企業が、資金繰りに窮しているのです。

中国経済に対する影響は?

問題は、33兆円相当の負債をかかえる恒大集団の経営不安が、経済にどれだけ波及するか、です。その無秩序な破たんは、同社の債券などの投資家や、同社に融資を行う金融機関に、大きな打撃を与えます。

また、中国の国内総生産(GDP)のうち、不動産部門は約4分の1のシェアを占めます。近年の経済成長も、相当程度、不動産部門にけん引されてきました。それだけに、恒大集団の破たんが不動産市場や金融市場に広く波及し、それらが機能不全となれば、中国のGDP成長率を大きく引き下げるでしょう。

リーマンショックとは違う

最悪なのは、金融危機が世界に広がるケースです。想起されるのは、2008年のリーマンショック(米国の住宅バブル崩壊などを受け、米投資銀行が破たんし、米欧の金融市場が機能不全となった事件)です。

しかし今回、危機が国内外に広がる可能性は高くありません。複雑なリーマンショックとは違い、恒大集団の負債問題は、比較的単純だからです。そして何より、中国政府は、金融危機を全力で阻止するはずです。中国の主要銀行は国有であり、それらが市場へ潤沢に資金供給を行えば、金融危機を抑止できます。

今後、想定されるシナリオ

ただ、中国政府は、恒大集団の過大な借入れによる事業の急拡大を、前から問題視していました。そうした借入れや不動産バブルを抑制する姿勢を示すために、政府は同社の安直な救済も避けねばなりません。

そのため、恒大集団は結局、経営破たんに至る可能性が高そうです。とはいえ、それまでには、政府や金融機関による支援や仲介で、同社への債権者間での調整(損失をどのように分担するか)や、同社不動産事業の引継ぎ先の確保が図られるでしょう。そうなれば、経済・社会の混乱も、最小限に抑えられます。

投資家は、中国政府を信頼

そうした観測は、市場でも主流です。実際、米国株(図表2)や日本株は、9月20日以降、恒大集団の経営不安から下落しているものの、約2~3%の下落であり、世界金融危機を示唆するものではありません。

過去10年以上の間、世界の投資家は、中国への懐疑と信頼の間で揺れ動いています。ただ、これに関しては現在、共通認識が形成されつつあります。すなわち、中国式経済体制への懐疑は、まだ残っています。それでも、中国政府は結局、柔軟な介入で経済や市場を支えるだろう、との信頼の方が優勢なのです。

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ