バイデン氏、正念場:重要なのはコロナウイルスと経済

2021/09/06

支持率低下が鮮明に

バイデン米大統領は、今年1月の就任後、最も厳しい正念場を迎えました。同大統領は、就任当初の勢いを取り戻せるのでしょうか。それとも、失策や挫折が続き、米民主党に暗い影を落とすのでしょうか。

8月には、大統領の実績を「支持する」が「支持しない」を初めて下回りました(図表1)。このままでは来年秋の中間選挙において、バイデン氏の属する民主党は、上院・下院の一方または両方で少数党に転落しそうです。過去を見ると、大統領支持率と中間選挙の結果には、かなりの相関が認められるのです。

テロが再発するのか?

直近の支持率低下の主要因は、アフガニスタンからの米軍撤退をめぐる混乱です。撤退は8月30日に完了しましたが、多くの死傷者が出てしまったので、撤退は拙速だった、との評価が米国でも主流です。

ただ、これは米国民にとり遠方の出来事です。そのため、イスラム過激派の大規模なテロが国内で勃発しない限り、政局に影響を及ぼし続ける可能性は低いでしょう。2001年のテロの後、米国は、国内の安全保障体制を極度に引き締めたことなどを踏まえると、そうしたテロの恐れは当面は小さい、と言えます。

感染再拡大が顕著に

また、多くの米国民が重要視するのは、外交よりも、健康や雇用など身近な問題です(図表2)。その意味で米国は、内向きの国です。しかしそれらの側面でも、バイデン氏は現在、厳しい事態を迎えています。

健康面では、コロナウイルスの感染者や重症者が急増しています。実は、大統領支持率が低下し始めたのは6月後半であり、米国で感染増の兆候が生じた時期と一致します。よって、支持率が回復するか否かは、アフガニスタン情勢よりも、ワクチンのさらなる普及などで感染を抑制できるか、にかかっています。

米経済に減速の兆し

バイデン政権にとって悩ましいのは、強硬なワクチン反対派の信念が固いことです。また、日本同様、目先の経済にも配慮せざるを得ません。このため、活動制限を再強化することに対し、同政権は慎重です。

というのは、米国でも、経済の先行きに関し不透明感が増しているからです。要因の一つは、3月に成立した所得補助策などの効果一巡です。さらに、感染症の拡大で、消費や雇用が慎重化しつつあります。そうした中で活動制限を再強化すれば、景気を一時的に冷やし、政権支持率を一段と低下させかねません。

追加経済対策に注目

それだけに、バイデン政権が推し進める追加経済対策の成否が、極めて重要です。1兆ドル規模のインフラ投資策、および3.5兆ドル規模の社会保障拡充策・環境対策が、近々成立する可能性があるのです。

それらは中長期にわたる施策であり、米景気を瞬時に大きく押し上げるものではありません。とはいえ、医療や環境、教育など、米国民が重要と考える項目が満載されています。よってこれらの策が成立すれば、アフガニスタン問題などによるバイデン大統領の失点も、相当程度は埋め合わせることができるでしょう。

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ