米インフラ投資の意義:トランプ氏の失敗を踏まえて

2021/04/19

トランプ氏は期待外れ

米国のトランプ前大統領は、多くの人を失望させ、再選に失敗しました。期待外れだったことの一つは、「10年間で1兆ドル規模のインフラ投資」という公約に関し、目立った実績を残せなかったことです。

今年1月に就任したバイデン現大統領は、この点、極めて意欲的です。「8年間で2兆ドル超のインフラ投資」との計画を、3月末に発表したのです。規模や詳細については調整余地があるものの、主な投資案は、高い支持を得ています(図表1)。よってバイデン政権は、その大半を実現することができそうです。

投資が急務である理由

インフラ(インフラストラクチャー)とは、経済・社会の基盤を支える公益的な施設のことです。米国が経済活力を保ち、国民の幸福を増進し、また、躍進する中国と競争するには、その整備が欠かせません。

米国では、道路や橋、鉄道などインフラの老朽化が著しく、その点では、中国、東南アジア、日本の大都市の方が、よほど先進国的です。また、5G(第5世代)通信網や電気自動車といった新技術の普及でも、米国は、中国に後れを取っています。バイデン政権は、そうした問題に正面から取り組む姿勢です。

財源を確保するには?

そのような問題認識は、トランプ前政権・共和党も有していました。しかしインフラ投資は、大型減税、海外製品への高関税、移民抑制など、トランプ氏のほかの公約と比べ、優先順位において劣後しました。

障害となったのは、投資の財源です。大規模なインフラ投資(→政府支出の大幅増)を行うには、国債増発による借入れ増(政府債務増)か、増税による歳入増が必要です。しかし共和党は、思想的かつ伝統的に、政府債務増と増税の両方に消極姿勢を取ります。そのためインフラ投資は、もともと困難でした。

現政権は増税案を表明

一方、バイデン政権・民主党は、そのようなイデオロギー(政治経済思想)とは、明確に距離を置いています。それが功を奏し、歴史上も特筆されるべきインフラ投資が、現実のものになりつつあるのです。

実際、バイデン政権がインフラ投資の財源として検討しているのは、企業や超富裕層に対する増税です。特に企業利益への税率については、トランプ前政権による減税の半分を巻き戻す方針です(トランプ前政権は、従前の法人税率35%を21%に引き下げ。バイデン政権の案では、これを28%に引き上げる方針)。

株式市場は冷静に反応

法人税増税は、直接的には企業利益を減らすため、通常は株価への悪材料です。ところが、やや意外にも、バイデン政権が増税案などを発表した後、米国の株価指数は、過去最高値を更新しています(図表2)。

理由としては、経済力向上などインフラ投資によるポジティブな効果は、増税によるネガティブな効果をはるかに上回る、と考えられることなどが挙げられます。このように市場と国民から支持を得ている投資案が実現すれば、2024年の大統領選挙でバイデン氏が再選を果たす可能性も、大いに高まるでしょう。

 

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ