一難去って:ブレグジット後の英国には、さらなる多難

2021/01/18

聖なる夜に

昨年のクリスマスイブ。英国は、聖なる祝福に、ひとときの世俗的な安らぎを添えました。その日の午後、英国と欧州連合(EU)が、長い協議の末、期限切れ寸前で自由貿易協定の合意に達したのです。

英国は、2016年6月の国民投票で、ブレグジット(英国のEU離脱)を決めました。その後、紆余曲折を経て、昨年1月末にEUから離脱しました。ただ、12月末までは移行期間とされ、英国とEUとの新たな関係の開始日は、今年の年初です。その新しい関係を規定する枠組みが、今般の貿易協定です。

「主権回復」

結局、「合意なき離脱」は回避されました。これは、英国・EU双方への素晴らしいプレゼントです。自由貿易協定に基づき、英国・EU間の物品貿易には、無関税の原則が維持されることになったのです。

また、英国とEUの間で通商などに関し争いが生じた場合、EUの機関である欧州司法裁判所ではなく、独立した機関が仲裁役を担う旨が定められました。英国内のブレグジット推進派は、それを大きな成果と誇っています。EUから主権を取り戻す、というのが、そうした勢力の大義名分だったからです。

変異種の猛威

もっとも、年明けの英国は、この「主権回復」を盛大に祝うムードではありません。これには、多くの理由があります。とりわけ、いまの英国は、コロナウイルスをめぐり危機的な状況にあるからです。

英国では、昨年12月、他の主要国に先行してワクチン接種が始まりました。しかし、その前に発生したコロナウイルスの変異種が猛威を振るい、入院患者数は昨年春を大きく上回っています(図表1)。これを受け、1月上旬、ロックダウンが再導入されました(ただし、昨年春の活動制限に比べ若干緩やか)。

離脱を後悔?

「主権回復」を手放しで喜べないのは、EU離脱に対する国民の姿勢変化も関係しています。EUとの協議における英政府の迷走を見て、離脱は間違いだった、と考える人の方が現在は多いのです(図表2)。

たしかに、無関税原則は維持されました。しかし、英国がEU単一市場から離脱する以上、EUとの貿易は今後、煩雑な通関審査を要します。また、金融などサービス部門にかかわるルールの詳細は、今後の協議で詰めねばなりません。そのような障害や不透明感も残るため、単純に喜べないのは当然です。

英国分裂へ?

また、北アイルランドについては、アイルランド共和国との通関審査を避けるべく、EU単一市場に残ることとなりました(製品・食品などにEU規制適用)。これは、英国本土との分断を促しかねません。

さらに、スコットランドによる独立・EU再加入の動きも、これから盛り上がりそうです。スコットランド人の大半は、EU残留を望んでいるからです。そのように、ブレグジットは、多くの難題をもたらします。ウイルスの猛威も踏まえると、英国が歓喜の祝杯をあげられるのは、まだ先のことでしょう。

 

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ