トランプ劇場終幕:彼はとんでもないものを残したが

2021/01/12

トランプ氏の支持者が、「民主政の城」を襲撃

1月20日、米国の大統領が、共和党のトランプ氏から、民主党のバイデン氏に代わります。ただし、トランプ氏は、とんでもないものを米国に残しそうです。米国流民主政への不信と、党派間の不和です。

トランプ氏は、大統領選は不正だと主張し、相当数の人がそれを信じています(図表1)。そして1月6日、同氏はホワイトハウス前で演説を行い、盗まれた選挙を止めろ、と叫びました。これで興奮した同氏の支持者が、バイデン氏勝利の認定を阻止すべく、「民主政の城」と言うべき議事堂を襲撃しました。

民主党支持者と共和党過激派との、深い亀裂

「不正選挙」を裏付ける確たる証拠は、全くありません。そのため、騒乱が収まった後、バイデン氏の大統領選勝利が議会で認定されました。しかし、米国は今後、党派間の融和を図れるのでしょうか。

バイデン陣営の組織的な不正を信じる人は、バイデン新大統領の正統性を認めないでしょう。一方、民主党支持者の多くは、議事堂襲撃事件を受け、過激な共和党支持者に対する軽蔑を、さらに深めるはずです。よって、党派間の融和は難しい、と悲観的に見る人が多いのは(図表2)、無理もありません。

決選投票を受け、民主党が政策主導権を掌握

とはいえ、政治の機能不全に関しては、改善を十分期待できます。大統領職・下院に続き、上院も民主党が制したからです。その決着をつけたのが、1月5日にジョージア州で行われた上院決選投票です。

この投票で争われた2議席とも、接戦の末、民主党候補者が獲得したのです。結果、上院は、民主党・共和党が50議席ずつで並びました。ただし、採決票が同数の場合には、上院議長を兼ねる次期副大統領(民主党のハリス氏)が、決裁票を投じます。このため事実上、民主党が上院をコントロールできます。

共和党の復権には、「トランプ離れ」が不可欠

ジョージア州は元来保守的なので、その上院を民主党が制するとは、数年前までは考えられませんでした。今回の勝因となったのは、黒人の投票率向上や、都市郊外の白人による民主党支持の高まりです。

共和党支持者であっても、「法と秩序」を重んじる米国民の間では、トランプ氏への失望が生じています。議事堂襲撃事件は、それに拍車をかけそうです。共和党議員らがこれを重く受け止め、不和をあおるトランプ流の政治手法から決別すれば、良識的な保守派へ同党が戻る可能性も、ゼロではありません。

「国内の不和」と「株価の堅調」は、併存可能

株式市場については、ジョージア州の投票結果を、前向きに捉えています。上下両院を民主党が制したため、バイデン新政権の機能不全が回避されるとの観測から、NYダウなどが一時急上昇したのです。

実際、同政権のもとで、コロナウイルス対策や家計・企業への追加支援が、早めに実行されるでしょう。それらの景気押上げ効果は増税などの悪影響を上回る、との見方が、株高の背景にあります。よって、トランプ氏があおった米国内の不和にもかかわらず、米国株の展望は、必ずしも暗くありません。

 

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ