7つの予想:2021年、世界は(おそらく)こうなる

2021/01/04

今年注目すべきポイントは、この上もなく明瞭です。すなわち、「世界がコロナウイルスに打ち勝った年」にできるか否か、に尽きるでしょう。しかし、その成否や道筋は、気が滅入るほどに不確実です。

そのため今年も、世界経済や金融市場は、不安定な場面が多くなりそうです。以下の予想も、全て当たるとは保証できません。とはいえ、これらの予想が依拠するポイントは、総じて明瞭です。リスクに備える上でも、それらを把握しておくのは重要です。よって、このような予想も、無駄ではありません。

(世界経済と金融市場などに関する今年の予想)

  1. プラス成長へ昨年ひどく落ち込んだ後(図表1)、今年の世界経済がプラス成長に転じるのは、ほぼ確実と言えます。ただ、プラス幅は、コロナウイルスの感染・収束動向に大きく左右されます。
  2. 厳格なロックダウンは回避それでも、世界が再びマイナス成長に陥る可能性は、極めて低いでしょう。日本などは事実上、「経済を回す」のを感染抑止よりも優先しています。また、複数国で、ワクチンの接種が始まりました(図表2)。したがって、昨年春に欧州などが行ったような厳しいロックダウンを、日米などが導入するとは考えにくく、世界経済は徐々に正常化へ向かうはずです。
  3. ワクチンの十分な普及は年後半ただし、感染収束には、人口の約6割以上がワクチンなどで免疫を持つ必要があるとみられます。ワクチンの生産・配布の難しさを踏まえると、それが主要国で十分普及し、有効性が(あるいは効果の弱さが)明確になるのは、今年後半以降と見込まれます。
  4. 五輪開催は困難そうした日程に鑑みれば、今年夏の東京五輪開催は困難、と認めざるを得ません。
  5. 日米株価は上昇五輪中止(または延期)は自然な結論なので、それに驚く人は少ないはずです。よって、これによる日本株への影響は限定的とみられます。日本株は、基本的に、米国株に追随した動きが予想されます。そして米国株は、今年も特に前半は、経済の正常化期待を背景に、上昇を見込んでよさそうです。仮にワクチン期待が失望に変わるとしても、それは今年後半でしょう。
  6. 債券利回りは若干上昇ただし、正常化とは、いまの債券市場では、金利上昇を含意します。日米欧など各国の国債利回りは、現在、金融緩和で異常な低水準に抑えられています。よって、景気回復に伴いそれが若干上昇するのは、まさしく正常化の動きです。ただ、注視すべきは、そのペースです。利回りの大幅上昇は、債券の魅力を高め、株価の下落を引き起こす恐れがあるためです。
  7. 為替は円高へさらに、正常化は、ドル安・円高を意味します。アベノミクスは過去のものですが、そのもとでの金融緩和などで、円は過小評価されたままです。しかし、日銀の追加緩和余地は小さいので、1ドル=100円程度の円高には(足元103.2円付近)、備える必要がありそうです。

 

図表入りのレポートはこちら

https://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ