より良い結果を得るためのやり方再構築法

2021/03/04

こんにちは、石田です。

今日は「より良い結果を得るためのやり方再構築法」についてお話しておこうと思います。

私は良く、得たい結果が得られない人に対して「今と違う結果を得るためには意識的にやり方を変える」という話をします。

多くの方は「やり方を変えずに違う結果を望む」のです。

良い結果が出ないことに対していつもと同じやり方をやっていれば同じ結果が出るのは当然のことなのに考えようとしない、面倒くさい、いつか良い結果に変わるかもしれない・・・。

という状態を維持してしまいます。

そこで、意識的にやり方を変えて今とは違う結果を得ればそれが本当に欲しい結果だったり、欲しい結果に近づけたりするわけです。

改めてお話しさせていただいたのは今日の「より良い結果を得るためのやり方再構築法」についてお話しする前に再確認しておかないと同じ得たい結果を得るためのやり方についての話なので、内容的に混乱する可能性があったからです。

今日の話はこれから得たい結果を得るのではなく、「すでに得たい結果を得ていることが前提」で、それを「さらに良い結果へステージアップする」もしくは「より効率よく得たい結果を得続ける」ための「やり方再構築法」です。

皆さんが日々取り組んでいるトレードはもちろん、仕事やプライベート、すべての分野で使える方法です。

例として「ある分野で100点という結果を得るためにいつもAというやり方をやっている」とします。

結果そのものはもともと自分が欲しかった100点の結果ですから、多くの方はその結果をずっと得続けたいと考え・・・。

同じAというやり方を繰り返します。

しかし、実はこの分野では「200点を狙える別のやり方がある」かもしれませんし、「もっと楽に、簡単に、効率よく同じ100点の結果を得られる別のやり方が存在する」かもしれません。

それを確認するために「より良い結果を得るためのやり方再構築法」を試す必要があります。

まず、このやり方再構築法ですが、とりあえず直ぐにやればよい。というものでもありません。

その分野で「100点の結果が取れるようになってから最低3か月以上経過」していないとあまり効果がないのでご注意ください。

この期間ですが、その分野が

・毎日取り組む分野であれば3か月毎

・週1回程度取り組む分野であれば半年毎

・月1回程度であれば1年毎

くらいを目安にしていただければ大丈夫です。

上記の期間が経過したら、以下の3つのポイントを意識しながら再度やり方を構築します。

ポイント1:その期間中に積み上げられた新たな経験

ポイント2:その期間中に得られた新たな知識

ポイント3:その期間中に行ったフィードバックからの改善

ポイント1は、日々100点の結果を得ながら蓄積されている「新たな気付き」のことです。

ポイント2は、得られた知識ですから「同じ分野に取り組んでいる別の人の経験or気付き」です。

ポイント3は、ちょっとした障害を乗り越える場面で「部分的に発見した別のやり方」です。

これらを意識しながら同じ100点をとるつもりでやり方を再構築してみてください。

あなたがこれまで200点を取り続けていない以上、「ほとんどの場合、新たなBというやり方に変わる」はずです。

その結果、Bという新たなやり方でより良い結果が得られたり、同じ結果でも効率良く得られるようになります。

質の高い成功を収めるにとても重要なやり方再構築法です。

覚えておいてくださいね。

 

それではまた!

 

石田信一

 

PS.より良い結果にするためには今までやっていること以外のことが必要です。

株でも今まで使ったことのない手法を使うことで新しく利益を生むことができるかもしれません。

↓↓↓

【投資手法】もっと大きな利益を出すならカウンター手法

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ