明確な計画が持つパワー

2021/02/24

計画を立てることはとても重要です。

それは皆さんが最も興味のある「トレード」の分野でもそうですが、仕事やプライベート、すべての分野でこの「明確な計画」が得たい結果を得るためにとても重要な役割を持っており、「明確な計画」=「成功」と言い換えることができます。

皆さんも聞いたことがあるかもしれませんが「明確な目標を立てれば、仮に目標へ到達しなくても8割がたは達成できる」という話。

一見、「明確な計画」ではなく、「目標の話」に聞こえますが・・・。

かなり高い目標であったとしても目標が明確であれば「それを成し遂げるためにはどうすればよいか?」という質問を自分へ投げかけ、「やるべきこともある程度は自動的に明確」になります。

この、「ある程度明確になったやるべきこと」こそ、実は「明確な計画」です。

つまり、計画を立てていないようで自動的にそこそこの計画が立てられている。

ということです。

それに取り組んでいれば一定の水準までは達成できる。ということですね。

上記もそうですが、実は成功法則の多くには「表現は違ったとしても明確な計画を立てることが含まれている」のです。

皆さんはトレードのことに興味があると思うので、「成功しているトレーダーの成功法則」から隠れた明確な計画の例を話したいと思います。

ポジションを持つ場面での行動で勝ち組トレーダーと負け組トレーダーを分けている「決定的な行動の違い(違いをもたらす違い)」があるのですが、それはご存知ですか?

負け組トレーダーはこれからのエントリーに「絶対に上昇してくれるだろう!という『希望』や『強い思い込み』だけを持って」エントリーします。

残念ながらここに計画はありません。

その為、実際にマーケットが上昇せずに下落してしまうとパニックになり、その場面で初めて「あぁ、どうしよう・・・。」と慌て始めます。

仮に運良く上昇したとしても希望と思い込みしかなかったので「どこで、どの程度の利食いを行うのか」をそこで初めて考え始めます。

その為、「あぁ、もう少し我慢して利食いをした方が利益が大きかったのに・・・。」「あぁ、待ちすぎて結局また下がってしまった」なんてことに繋がってしまいます。

それに対して勝ち組トレーダーはこれからエントリーする場面で上昇してほしいな。

という気持ちは持っていても、、、

それでも不確実はマーケットに絶対はないから「思惑通りに上昇すればこうする。もしも思惑通りにならずに下落した場合はこうする。」という、表現こそ違えど「事前に明確な計画を立てた状態でポジションを持つ」のです。

その為、マーケットが上がろうが下がろうが、その事前に立てた計画に沿って行動するので仮に思惑通りでなかったとしても無駄な損切を出さずに「最終的にはトータルで自分の得たい結果が手にできている」のです。

これも「明確な計画が持つパワーの一例」です。

これはあくまでもトレーダーの事例ですが、その他の分野でも同じようなことが言えます。

もしもあなたが今の結果に満足できていないのならトレードを含め、「明確な計画のもとに行動できているか?を疑ってみる」のも、一つの改善策になるかもしれません。

 

 

それではまた!

 

 

石田信一

 

 

PS.自分の立てた計画を上手く実行することが必要です。

利回り目標を立て計画する際の注意点をお話しているのでぜひご覧ください。

↓↓↓

【株初心者向け】なぜ利回り目標を決めると損するのか?

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ