最善な結果を導くためには応用が必要

2021/02/08

トレードを行うにあたり、自分のルールに合う(ルールが機能する)相場環境ばかりもたらされるわけではありません。

むしろ、そうならないことの方が多いはずです。

相場環境はトレーダーがコントロールできることではなく、「一切影響を与えることが出来ない不確実なもの」です。

なのでどちらかというと「 攻め」ではなく「受け身」ですよね。

相場環境が私たちに合わせてくれるわけではなく、「私たちが相場環境に合わせていく(行動する)必要がある」ということです。

最初はルール通り杓子定規にトレードを行い、日々フィードバックを受けながら行動を改善していく中で様々な経験を積んでいきます。

そしてその積み重ねられた経験が活かされ、「裁量判断の精度が上がっていく」わけです。

相場環境の状態に合わせて

・エントリーポイントをどこへもっていくのが最良なのか?

・決済ポイントをどこへもっていくのが最良なのか?

・エントリーすべきか見送るべきか?

などの判断をしているのです。

ここまでの話しでピンとくる部分があると思いますが、もしもあなたのトレードが「最適な裁量判断が行われていない」とするならば、それはまだ

「経験が足りない」

言い換えるならば

「フィードバックからの改善の数が少ない」

ことに要因があります。

なので、当てはまる場合はこの部分を意識しながら日々のトレードライフを送ることをお勧めします。

最後に一つだけ気を付けるべきところをお伝えしておきますと、トレード以外のことは上記の説明で足りるのですが、トレードに関しては

「複数回のトレード結果の合計で判断するものである」

ということを知っておいてください。

つまり、すべてのトレードで勝利できないから「最適な裁量判断が行われていないというわけではない」ということです。

相場環境自体、こちらからコントロールできない存在であるため「複数回のトレードの中に負けるトレードが混ざることは織り込み済みとし、あくまでもトータルでの成績で判断すること」です。

複数回のトレード結果の合計で満足のいく結果であれば「何も問題はない」ということになりますので、その 点は知っておいてください。

 

それではまた!

 

石田信一

PS.複数回のトレードを記録しておくことで今までのトレードを記録しておくことができます。

こちらの売買記録の付け方の動画を見てみてください。

↓↓↓

【売買記録の付け方】今より株で儲かるためにルールを決めて記録する

 

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ