投資にいくら資金を使えばよいのか?

2021/02/02

こんにちは、石田です。

今日は「投資にいくら資金を使えばよいのか?」についてお話しします。

これこれこういうやり方の投資があるという話をすると、投資歴の浅い方からは決まって「それやるのにいくら資金があればいい?」と聞かれます。

別にいくらでも良い のですが、「投資が失敗して給料がそのまま犠牲になる」のも問題なので正しい資金の割り振り方についてお話ししておきましょう。

投資のカテゴリーにより、割り振り方は変わりますが、今回は「マーケット(相場)」で利用する資金に限定してお話しします。

投資のやり方(手法、ルール)には拘るけど「資金」にはあまり目を向けず、最終的に後悔している方が多いのが現実です。

これから投資を始める方はもちろん、すでに投資を行っている方は今一度、以下を参考に適切な金額が投資に割り振られているか考えてみて下さい。

まず、自分の所有する資産全体に目を向けます。

この時点では、預貯金や積立などの現金資産に限らず不動産や貴金属、宝飾品、時計、その他も含 まれます。

その「モノ」が資産に該当するかどうかは、「現金に換金することができるか?」で判断すればよいでしょう。

そしてその資産全体の中から先に「現時点ですでに分かっている投資に利用できない資産」を引きます。

例えば、「この積立はマイカーを手に入れるための資金」とか、「家族全員で海外旅行へ行くための資金」「マイホーム購入のための頭金」「コロナの影響で給与が下がったための生活費の補填」などがそうですし、「この宝飾品は親から譲り受けたものだからよほどのことがなければ現金化することはできない」なども含まれます。

次に「マーケット以外の投資に使う可能性のある資産」を引きます。

例えば不動産を所有している場合、「新たな不動産投資やビジネス、事業に対する投資に対して担保として利用できるのでこのようなものを引きます。

ここで残っている 資産は、一応投資に使えるわけですが、まだ儲かるかどうか確信がないものに対して「現金化するのに手間がかかるモノ」を無理に現金化する必要はありません。

これらの「モノ」を現金化するタイミングは「儲かることを確信してレバレッジをかける場面で換金する」ようにします。

この時点で残っている現金資 産がマーケットで利用できる資金となります。さらにここから複数のカテゴリーで利用する予定がある場合に資金を按分します。

例えば、「個別株に○○円、為替に○○円、投資信託に○○円・・・。」のように分けるということですね。

そして、新たに取り組もうと思っている投資が該当するカテゴリーの中ですでに取り組んでいる投資や、これから取り組もうと思っている別の投資に利用する資金を鑑みて、最終的に割り振られた資金が新たに取り組みたいと思っている投資に使える資金の「候補」となります。

これから行う「最終審査」をパスすれば実際に使うことが可能となります。

最終審査はあなたがあなたに対して行う「質問」です。

質問:万が一の際にこの資金を失ったとしても普段の生活に影響がなく、家族にも迷惑をかけないか?

です。

これでOKであれば、その資金は問題なく新たな投資に使えます。

もし、この質問に対してNGであったり、この質問やここまでの過程に対して「煩わしい」と感じた方は・・・。

これから取り組む投資が優れたものであっても、別の理由で失敗する可能性がありますので十分注意してください。

それではまた!

石田信一

 

PS.YouTubeチャンネル「投資家 石田信一」にて株式投資に役立つ情報を配信中です。

「石田信一って誰?本当に稼いでいるの?」と思った方は、この自己紹介動画をみてください。

↓↓↓

【株式投資】10年負けからの逆転人生

 

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ